アルファロメオ159SW 変速ショック バルブボディ交換

アルファロメオ159SW 変速ショック バルブボディ交換

2020年3月13日 0 投稿者: 迦楼羅

長浜市のT様のアルファロメオ159SWの入庫です

2速3速時に変速ショックが大きく何とかしてほしいとのこと。
良くある話ですね。
ATF等を交換するお店もありますが、やっても無駄ですね。
ATのバルブボディの中のソレノイドバルブがダメなので、これを交換しないといけません。

しかし残念ながらアルファロメオからは部品供給されていません。
でもこのATプジョー・シトロエンと同じなんですね。
それでもってプジョー・シトロエンでは部品の供給があるんです。
不思議ですね~

でも新品は1個の金額がかなり高額
2個くらい交換しなくてはいけませんからそこそこ高くなります。

そこでオーナー様と相談して中古のMTを買い、バルブボディだけ取り外して移植することになりました。

159の3.2Lエンジンなのでそんなに中古が多いわけではないですが、159も車両金額下がってきているので予想以上に中古パーツが格安で手に入るようになってきています。

この黒い中にバルブボディが入っています。
もちろんATFを抜き取りしてからじゃないとバラせませんし、邪魔なパーツを取り除かないと作業できません

中はこんな感じですね
ソレノイドバルブがぎっしりと着いています
配線等も切れないように、カプラも割れないように慎重に作業していきます。

バルブボディを取り外したら、中古の物と入替
そのまま取り外したパーツを元に戻し、ATFを交換していきます
ついでなのでATFも15Lほど使いある程度抜き変え。

その後試運転
暖気症状が出ていた状態になるまで走行しなくてはいけないので30分以上走行します。
1時間くらい試運転しましたが症状は出ません。

でも1日だけではちょっと不安(だって中古パーツですから)なので1週間くらい同じような試運転を延々夜中に行います。
1週間乗りましたが問題なしなので、オーナー様に状況報告し無事にお返しすることが出きました。