羽島市のF様のアバルト500の入庫です
タイミングベルト交換とウォーターポンプ交換の依頼

新車で購入し60000km走行という状態。
オーナー様曰く、13000kmくらいの時にウォーターポンプからの水漏れでDにて新車保証でタイミングベルトとウォーターポンプを交換しているとのことでした。

そこから47000km走行したのでタイミングベルト交換をして欲しいとのことでした。

アバルトはカッコいいですよね。
内装の質感も良いし楽しめそうなクルマです。

さて早速作業に移ります。

タイミングベルトカバーを外すと見えましたタイミングベルト
Dにての作業の痕跡がありますね。
タイミングの合いマークが付けられています。
こんな合いマークをDは付けるんですね~。
位置ズレが起きてもいいように念のために当社も合いマークは付けますが、目立たないようにつける程度で、通常はSSTを使って作業をするので合いマークはいりません。
ましてやこんな何か所も付けません。

ウォーターポンプも外しました。
オーナー様が言われるようにウォーターポンプを交換したからでしょうねシールパッキンがゴテゴテに塗布されており、ウォーターポンプを外すのに非常に困りました。

何とかウォーターポンプを取り外し、周りに付着したシールパッキンを除去。
新しいウォーターポンプを取付し、次はタイミングベルトの取付になります

はい、タイミングベルト交換完了
アバルトとはいえエンジンはチンクの1.4と全く同じなので特に大変なところは何もありません。
普通に淡々と作業を行ってしまいます。

タイミングベルト交換後、LLC補充しエア抜きを行い試運転にて異常がないことを確認。
問題が無いのでそのまま納車となりました。