名古屋市のI様のアルファロメオ147の入庫

今回は車検整備で入庫です。

1.6のMT車という好きな人しか乗らない車種。

気持良く走れる良いクルマですよね。

車検と言うことで走行が90000kmタイミングベルトは他所で80000km時に行ったということでした。

今回気になるのはタイヤがすり減っていてNGなのと、オーナー様曰くラジエーターから水漏れしているとのこと。

さっそく圧力テストを行ってみるとラジエーターから確かに漏れています

しかも結構な量で。

これではさすがに車検を受かりません。

ラジエーターは交換です。

147はエンジン前部に空間があり作業はしやすいので助かります

電動ファン等を取り外し、コンデンサと切り離してラジエーターを取外しします

新品のラジエーター。やはり新品は綺麗で気持ちが良い。

ラジエーター交換作業中に気になったのがエンジンオイルの漏れ。

ラジエーターの水に交じってオイルが漏れている。

エンジンの下側がオイルでかなり汚れているのだ。

原因はここ

タペットカバーパッキンだろう

タペットカバー周りがオイルでベトベト。

プラグホールにはオイル溜りになっており危険な状態。

おそらく前回のタイミングベルト交換を行った際にタペットカバーパッキンを交換していないのだろう

年式的にも距離的にも交換しないとパッキンがカチカチのプラスチックみたいな状態になってしまう。

そうすると本来の機能を果たさずオイルが滲み出てきてしまうのだ。

こちらも交換し、最後にタイヤも4本交換して作業は終了

車検も無事にOKでこれでまた2年乗ることができます。