岐阜市のT様のアルファロメオ156JTSの入庫
ギヤが時々Nレンジになってしまう時があるということでご来店いただきました。

オーナー様のお話を聞いていると、軽度の坂道や、4速などに症状が多くみられるとのこと。
試しに試運転しみるがちょっと乗っただけでは症状が現れなかった。

しばらく乗っていると警告音とともにNレンジに。
なるほどそういう事ね。って感じである

ピットに戻り念のためにテスター診断等を行い
状況把握。
おそらくクラッチがかなり減っているものと思われる。

オーナー様に連絡し、状況報告クラッチ交換の許可をいただいた。
ではさっそくミッションを降ろします

ミッション降ろしました~

これだけでは全くわかりませんよね。
クラッチカバーとクラッチディスクを取り外します。

はい、見事にすり減っていますね。
もうあと少し乗っていたら路上で完全にNのまま不動になっていたことでしょう。

ミッション側はエンジン側に比べてさらにズルズルに減っています
これではクラッチが繋がらずにミッション異常警告灯が点灯し強制的にNレンジにしてしまうでしょうね。

パーツは常にストックしてあるので、すぐに新しいクラッチディスク等に取り換え。
ついでにセレオイルも抜き換え
ミッション降りしたついでですからねやらないと損です。

綺麗なクラッチディスク
このままミッションを組み付けし、テスターにてキャリブレーション
軽く試運転し、異常がないことを確認
再度ピットに戻りテスター診断、異常フォルトなどが無いことを確認してもう一度キャリブレーション

そして再度症状が再発しないか試運転してみる。
1~2日乗ってみて異常がないので無事にオーナー様に納車となりました。