↑ Return to メンテナンス

エンジンオイル

交換は3000Km~5000Km毎がお勧め。

エンジンオイルは人間の血液と同じ、悪いオイルではエンジンは本来の調子は発揮できません。
古くなったゴテゴテのオイルではいつトラブルを起こすかわかりません。

エンジンオイルと言っても様々なものがある。

正直メカに疎い人にしてみれば何が何だか分からないのがホンネ。

選ぶときは値段だけで選んでしまっている人が多いのでは???

その選択・・・ヤバイかも・・・しれないですよ。

わからないときはお店の人に相談です!

きっと車に合うオイルを教えてくれるはず。

でも、人に聞くなんてプライドが許さない!なんて人がいるかも。

そんな人にオイルの説明です。

 eg-oil  eg-oil2
 オイル交換を定期的に行っていないクルマ

真っ黒ですね。

 オイル交換を定期的に行っているクルマ

綺麗ですよね。


エンジンオイルの様々な役割。

エンジンオイルの役割は大きく分けて5つあります。
1つ目は潤滑
シリンダーとピストン、バルブとカムなど互いに擦れ合うパーツの隙間を摩擦を減らし動きを滑らかにすることによりパーツの磨耗を抑えています。
2つ目は密封
シリンダとピストンの隙間を埋めて密閉性を高め、圧縮ガスが逃げないようにしている。
3つ目は洗浄
不完全燃焼により生じるスラッジ等の劣化物を分解しオイル内に分散させることにより汚れの付着を防止。
4つ目は腐食の防止
燃焼時に生じる水分や酸化物からエンジン内部を保護している。
5つ目は冷却効果
エンジンは燃焼時、高温となる為エンジンオイルが内部を循環し、冷却効果を果たしている。

オイルの種類は?

エンジンオイルは精製過程において3種類に分けられます。

  1. 『鉱物油』
    一般的なものが原油を蒸留し不純物などを取り除いた
    この鉱物油。
  2. 『化学合成油』
    エンジンオイルに求められている全て性能が満たされています。
    鉱物油よりかなりの高性能で、不要な成分少ないので冷間時の流動性が非常に良いです。
    だけど…高いです!製造するのにコストがかかるので鉱物油に比べると値段が高くなります。
  3. 『部分合成油』
    鉱物油の足りない部分を化学合成油でカバーしています。
    その名のとおりですね。部分合成なのですよ。
    まぁ一番コスト的にも、性能的にもオススメなのかもですね。

オイルには記号がついてます。例:SJ10W-40など
これは米国石油協会[API]などが認定するオイルのグレードのことでSF.SG.SH.SJと進むほど高性能オイルということになります。
そしてもう1つ0W-20や、10W-40といった表示。
これは米国自動車技術協会[SAE]が定めたオイルの粘度指数で左の数字が小さいほど低温で強く、右の数字が強いほど高温時に強い事を表しています。


当社取り扱いオイル
MOTUL
Unil Opal
FUCHS
REPSOL
A.S.H.