シトロエン DC3 A/Cコンプレッサー不良

大垣市のS様のシトロエン DS3の入庫
突然エアコンが全く効かなくなったという
今年のとても暑い夏が終わり、秋の気配を感じる日々になってきたのだが、まだまだエアコンは使いますね。

何とか夏を乗り越えたものの酷使したコンプレッサーはおそらくかなりのダメージだったのでは。
ともかくまずはエアコンが効かない原因を探ります。

まずは一番簡単なコンプレッサーが作動するかどうかを確認。
結果コンプレッサーは作動してません。
そこでなぜコンプレッサーが作動しないかですね。電圧が来ていないか、コンプレッサー自体が不良なのか。

テスターにて電圧確認してみると、コンプレッサーまでは電圧来てます。
電圧が来てるということは単純にコンプレッサー不良が考えられますね。

念のため電動ファンなども正常に作動するのか、リレー等も確認だけしていくと全て良好

これで間違いなくA/Cコンプレッサーの不良が確定です

DS3のコンプレッサーは非常に取り外し易い場所に設置してくれている
とてつもなく作業がしやすい。

新しいコンプレッサーに交換し、A/Cの真空引きをしてエアコンガスを充填
ついでにWAKO’Sのパワーエアコンも充填しエンジン始動
エアコンONにしてみるとコンプレッサーの作動する音が聞こえる。
次第にエアコン効き始め、めっちゃ冷えるくらいです.。

皆さんのおクルマも酷暑を乗り越えたコンプレッサーですから来年の夏くらいには作動しない可能性あるかもですよ。
気を付けてくださいね

 

アルファロメオ 159 RECS&オイル交換

豊田市のT様のアルファロメオ159の入庫

これまた最近中古にて購入されたばかりの車輛ということでした。
しかし当社にはこういったオーナー様がやたらと多い。

購入後納車整備等をしてもらっていないとのことで、まずはオイルとエレメント交換、そしてRECS
を行ってほしいとのことでした。

ではさっそくRECSから施工していきます。

何度も書きますが最近のエンジンの主流は直噴エンジン
この直噴エンジン様々なトラブルをもたらしてくれています。
カーボン等の汚れの付着によるチェックランプの点灯から始まり、エンジン不調、最悪はオイル下がり、オイル上がり、圧縮抜けなど。

出来る限りこの汚れを綺麗になるように気を付けもらいたいところですが、なかなかこれが難しい。

そこでRECSなどのエンジン洗浄になるのです。
今では燃料系の洗浄剤も様々なメーカーさんから出ているので直噴に良いとされるものを使用などしてほしい。

当社では最近はA.S.Hさんの新商品ENGINE DETERGENTをお勧めしている。
WAKO’Sさんのフューエルワンなど先行商品もあるが、後発で出してきただけあって評判はかなり良いです。

ということで当社ではRECS+A.S.Hのエンジンディタージェンの併用で洗浄していきます。

RECS完了後、オイルフィルターとエンジンオイルを交換して作業は完了。
あとは軽く試運転し残りの溶剤を飛ばして納車となりました。

フィアット 500 ドライブレコーダー取付

岐阜市のA様のフィアット500の入庫
ドライブレコーダーの取付依頼です

6月に新車で購入されたばかりの車輛で、とても大切にされている感を感じるおクルマです。
ということでドライブレコーダーの持込み取付です

今回取付するのはこれ。

フロントとリアのセットになったものです。
フロントだけなら左程面倒ではないのですが、今回はリアのカメラも取付です。
配線の取り回しが面倒な作業ですね。

リアゲートの配線のチューブから取り回します
新車なので配線が新しいので引き込む際の既存の配線を断線させる心配がないのがちょっと楽ですね。

中古車の500だとココの配線がブチブチに切れ、リアゲート開かないとか、ナンバー灯点灯せずなど様々な悪さをしてくれます。

こんな感じで綺麗におさまりました

ドライブレコーダーは今では必需品
まだ取付していない方は是非取付をおススメします。

アウディ TTロードスター タイミングベルト交換&車検

大垣市のN様のアウディ TTロードスターの入庫
車検整備とタイミングベルト交換&ウォーターポンプ交換等々

今まではDにて整備をしていたそうですが、あまりにも高額な請求についに嫌気がさしたとか。
ということでネットにて当社を見つけられご来店いただきました。

走行が97000kmとそこそこになってきた車輛
ぼちぼちタイミングベルト交換をしないと危険な距離です。

その他にもR.ブレーキパッドが残りわずか、タイヤが2本内減してワイヤーが出かかっています。
しかもタイヤに関しては右側に内減りタイヤ、左側に溝がまだ若干残っているタイヤと左右でバラバラでした。

まずはタイミングベルト交換から行います。

アウディのTTは他のアウディの車種に比べて作業はしやすい車両です。

一部のアウディの車両はF.バンパー等を外さないと作業できないものもあります。
何考えてクルマを設計しているのか疑問に感じますね。

さすが97000kmのタイミングベルトはヤバいだろうとおもってタイミングカバーを外してみたのですが
タイミングベルトの表面は予想以上に劣化していませんでした。

しかしクランクを回して位置調整をしていると、やっぱり劣化しています。
部分的にはタイミングベルトが剥離している部分もありました。
ホントにギリギリセーフのタイミングでしたね。

ウォーターポンプからはほら、水漏れ
ウォーターポンプのベアリング部分から漏れているのでしょう。
まぁ97000kmですからね、ウォーターポンプもガタがきますよね。

いきなりタイミングベルト交換終了写真
特に珍しい作業ではなかったので写真撮るのを忘れました・・・・

次はR.ブレーキパッド交換

リヤ側なのでそれほど酷使しませんが、パッドの残り2mmくらいは接着剤的なものなのであっという間に削れてなくなります。
なので残り5mm位になったら要注意

これをそのままにして乗ると、パッドが少ないのを忘れて高速道路などに乗ったものなら、すぐにパッドが削れてなくなり、ローターをギャーギャーと削っていくことになります。
パッドが無くなった時のブレーキのフィーリングの悪さはとてつもなく不快ですよ。

不快だけならまだしも、ローターを削っていくので鉄粉が巻き散らかされます。
この鉄粉がものの見事にボディに付着するんです。

この鉄粉の除去がまた大変なので余計にお金がかかります。

なのでブレーキパッドはちょっと早めくらいの交換が望ましいです。

内減りしていたタイヤはとりあえずスタッドレスタイヤを持ってきてもらい車検を受けました。
早めにタイヤ交換してくださいね

 

アルファロメオ ブレラ 車検

静岡市のT様のアルファロメオ ブレラの入庫
車検整備&RECSです

半年前に中古車で購入されたそうで、今回が購入後初めての車検ということです。

大事に乗りたいということで色々強談を受け、今回車検で入庫していただきました

ブレラも少しづつ価格が下がってきましたので、中古車としてご購入されたいというオーナー様が増えてきています。

今回オーナー様からのリクエストはオイル交換、ワイパー交換、RECSです

今現在は問題なく、調子が良いということでした

エンジンオイルをJTSに相性の良いものに交換し、RECSを施工
さすがに納車後半年だけあってコンディションは良さそうです。

車検も無事に完了しこれで2年安心して乗れますね。
定期的なメンテナンスは忘れずに行ってくださいね。

アルファロメオ コルセ GTV 車検&ヘッドライトLED化

岐阜市のN様のアルファロメオ コルセのGTV入庫
車検整備と、その他諸々です

1年くらい前に中古で他店にて買われ、その後すぐにクラッチトラブルで不動(納車後1週間という早さ)
で修理して以来の入庫ですね。

車検を受けるか手放すかで迷ってみえましたが、レアな車両でコンディションもいいので所有していたほうが得ですよっとアドバイスし、結果車検を受けることとなりました。

不具合がいろいろあり、まずはヘッドライトが暗くて夜間怖くて乗れないということ、ドライブシャフトブーツが破損していること、走行時車両の下から金属音がするなど色々です。

まずはヘッドライトから。
前オーナー様が社外のHIDキットを取付しているようで、それがバランサーが調子が悪いようで右側が不灯、左側も光量が低く確かに夜間見難い

そこでどのみちバルブ交換をしなくてはいけないのでLEDの交換することに。
邪魔な社外のHIDは撤去です。
見るとどうやらHiビームもHIDになっていたようですが、おそらく同じくバランサーのトラブルで通常のハロゲンの戻されていた。
でもHIDの残骸はそのままになっていたので、ついでなのでそれもすべて撤去。

綺麗になったヘッドライト周りにLEDキット取付、光量が全然違く、明るい。
やはりこうでないとね。

続いてドライブシャフトブーツ
見るとインナー側が破損している、しかも左右。
どうせインナー側を換えるなら、ついでにアウター側も作業してくれとオーナー様
確かに作業的には一度に終わるので年式的にもやっておいた方得ですね。

ということでドライブシャフトブーツ交換も終了し、異音についてだが、マフラーのフロントパイプ辺りがヒットして削れている

車高が低いのでバンプした時に当てたのだろう。
それにしてもやたらと車高が低い
最低地上高が9cm以上ないと車検に受かりません
計測すると9cmありません・・・・・

これは困った。
どうする。
サスペンションのアッパーマウント交換と、エンジンマウント交換等しないとダメっぽい。
2cmくらいは低い

でもそれらを行うとかなりの金額になってしまう
オーナー様に相談
タイヤも215/45R17なのでこれ以上サイズは上げられないのでどうしますか?っと訊ねると
かなりお悩みのよう。

さてどうしよう。
しげしげと下からマフラーを眺めていると、マフラーの釣りゴムの取付部に何やら見慣れぬものが付いている。

どうやらマフラーがボディに干渉しないように1.5cm程のシムが入れられており、それでマフラーが下の方になっていたようだ。
試しにシムを取り外し計測してみると、9cmギリギリとなった。
これならなんとか車検は受かりそうです。
オーナー様にご連絡すると歓喜の声、そこでオーナー様から聞いたのはこの前タイヤを交換し215/50R17から215/45R17にしたんだよね。だとさ。
それですよ問題は。
前オーナー様はおそらく分かって50にしていたのだが、現オーナー様は無頓着に45にダウン。
それにより車高が下がってしまったのでしょう。

とにかく何とか車検はOK
無事に納車することができました。

みなさんもよくよく考えて車両管理してくださいね。

VWニュービートル オイル交換

海津市のK様のVW ニュービートルの入庫
エンジンオイル交換とオイルフィルターの交換です

いつも定期的に交換していただいています。
走行も11万4000kmと大台に入り、なおもエンジンの調子は絶好調です。
しかしニュービートル独特の内装パーツの劣化や、天井の内張りの垂れなど、如何ともし難い不具合も多いです。

おそらくこれが最後のオイル交換になるとオーナー様の言葉。
この冬には新しいクルマに乗り換えたいとご相談を受けております。

ファニーな車両が好みのようで、次のクルマも個性的なものをチョイスされるようです。

乗り換えるのを決めているにも関わらずちゃんとオイル交換をしていただけるのはクルマにとってはありがたい話ですね

機械なので命はありませんが、大事にしてもらっていることが窺えますね。
使用するのはMOTULの2100 パワーライト。

もっともベーシックなオイルです
次の車両が見つかるまであと少し調子よく走ってほしいものです

フィアット ニューパンダ オイル交換

大垣市のS様のフィアット ニューパンダの入庫
エンジンオイルとオイルフィルターの交換です

限定車のマニュアル車
レアな車両です。
コンディションもよくとても綺麗な1台です

使用するオイルはUnil Opalの24S
評判の良いオイルです

オイルは定期的に交換をお願いします
オイルなら何でもいいんでしょ?という質問をよく受けますがそんなことはありませんよ。

何でも良いなら こんなにオイルの種類が多いわけありません
車輛により適切なオイル、使用状況により良いオイルを選択するのがベスト。

できればちゃんとしたものを使ってくださいね。

VWニュービートル レーダー取付

大垣市のN様のVWニュービートル カブリオレの入庫
エンジンオイル交換と持込みによるミラー一体型のレーダーの取付

秋の交通安全週間も始まってるのかな?
安全運転にこしたことはないのですが、ついうっかりということもあるのでレーダーを取り付けるという方も多いのでは。

通常はシガライター電源に直接差し込み電源取れますが、それだとカッコ悪いですね。
配線がプラプラしちゃうし、スマートじゃない。

そこで我々プロに任せてもらえば配線も見えないようにしIGで作動するようにちゃんと取付します。

ということで作業開始
まずはエンジンオイル交換をささっと済ませます。
使用するオイルはUnil Opalの24S
輸入車乗りの方に評判の良いオイルです。

ではミラー良いタイ型のレーダー取付に移ります

当社に来るまではミラーから配線がぷらーんと垂れてシガライターまで行っています。
これではホントにカッコ悪い
せっかくカブリオレに乗っているのに室内がダサいと意味がありません

配線を隠し、電源をアクサせりー電源から取り
エンジン始動でレーダーも作動するようにしました
簡単な作業なのであっという間にできます。

レーダーの他にポータブルナビなども同じように配線できますよ。
室内もスマートにして快適な空間でドライブを楽しんでくださいね

アルファ スパイダー オイル交換

岐阜市のI様のアルファロメオ スパイダーの入庫
エンジンオイル交換です

本当だと昨日ご来店の予約だったのですが、猛烈な台風のため当然ながらスパイダーを外に出すのは危険。
なんせ幌ですから何か物でも飛んできたら一発で幌に穴空きますからね。
ということで本日ご来店。

走行はわずか8900kmセカンドカーというか、サードカーというか
暇なときにたまに乗る車両なので距離が伸びません。

ですがオイルといえども酸化しますし、劣化もします。
ですから半年に1度はオイル交換をしていただいています。

抜き取りオイルも綺麗なままです。
2.0Lのツインスパークエンジン、小気味よく回る良いエンジンです。

ついでにあちこ点検もおこなっておきます
乗っていない車両は意外とゴム類やプラスチック類のパーツが傷みやすいので機能部分の損傷がないかどうかをチェックだけしておきます。

ちなみにこの車両は幌は手動式なので、916定番のギヤの歯こぼれによる電動オープン不良にはなりません。
安心ですね。

一通りチェックし作業は完了。
また半年後にオイル交換ですね

Load more