7月 17

VWポロ オイル交換&フィルター交換

岐阜市のK様のVWポロの入庫

今回は普通にオイル交換とフィルター交換です

前回DSGオイルを交換していただき、その後のフィーリングを聞いてみると

驚くほどスムーズになったと喜びの声をいただきました

オーナー様曰く、ギクシャク感がなくなり滑らかに変速してくれるとのことでした。

今回使用するオイルはMOTULの8100です

このタイプのポロからはフィルターも外しやすい位置になり作業性アップです

助かりますね~

新しいオイルを入れ、ついでに冷却系とも簡単に点検し作業は終了

みなさんもちゃんとしたオイル管理してください

オイルなら何でも一緒でしょ?ってなことはありませ。

たかがオイル、されどオイルです

7月 16

アルファロメオ スパイダー タイベル交換&ラジエーター交換&諸々

岐阜市のI様のアルファロメオ スパイダーの入庫
今回はタイミングベルト、ウォーターポンプ、ラジエーター、ラジエーターホース、ヒーターホース、サーモスタット、ブレーキパッド前後、ブレーキーホース、クラッチレリーズ、ブレーキマスターシリンダー、スパークプラグ、プラグコード、ファンレジスター、燃料フィルター、クランク角センサー、タイヤ、オイル、オイルフィルター、ギヤオイルなど消耗品など総交換です

走行は8200kmしか走っていない
とてもコンディションの良い車両、常に乗る車ではないので予防整備をしておきたいとのことでした。
距離を乗っていなくても年式が平成10年なのでゴムパーツやプラスティックパーツは劣化しているかもということです。

個性的なデザインでとても良い車両ですよね。
オーナー様のおクルマを大切にしていることが十分に窺えます
さて早速タイベル交換等から始めます
いつも行っている作業なので特に記述することもなく普通に作業していきます

不思議に思ったのは消耗品でもないラジエーターをなぜに交換するのか?
オーナー様にお聞きすると、どうやら漏れがあるようです
普通にアイドリングしているときは問題ないそうですが圧がかかってくるとじわじわと水漏れするそうです。
ラジエーター圧力テスターで診断してみると確かに上部にクラックがあり、そこから水漏れしています
そのため念のためにホース類も交換するということでした。
この年代のアルファの定番のトラブル クラッチのレリーズも今現在は大丈夫なのですが心配なので交換。
ブレーキパッドもダストの少ないものに交換です
今回はDEXCELをチョイスされました。

これだけ作業点数が多いと作業に没頭し写真を撮るのを忘れました(ー_ー)!!
久々にこれだけの作業内容のある車両なので作業する方も楽しませていただきましたよ
全ての作業が完了し、試運転を重ね違和感や不具合がないことを確認して納車となりました。

7月 15

VWポロ オイル交換&フィルター交換

大垣市のI様のVWポロ GTiの入庫

今回はオイル交換とフィルター交換&ギヤオイル交換です

使用するオイルはMOTULの2100 10W-40

ギヤオイルはWAKO’Sです

定期的にオイル交換をして見えるようなので綺麗な状態です

ギヤオイルの方も鉄粉等の量は少なく、こちらもやはり定期的に交換してみえるようですね。

新しいオイルを入れ、漏れ等がないことを確認し作業は終了です。

7月 14

フィアット500 デュアロジックオイル交換

桑名市からお越しのS様のフィアット500の入庫
デュアロジックオイルの交換のご依頼です

購入後1年くらいの走行48000kmの車両で、今まで一度もデュアロジックオイルの交換はしたことがないということでした。
今現在不具合等があるわけではなく、予防整備ですね。

いつものようにデュアロジックオイルのタンクを外しにかかります。
デュアロジックシステムに熱が伝わらないように遮熱板が付いているのですが、この車両の遮熱板取り外して見ると形が微妙に整形されています。

いままで交換したことがないという割には人の手が加わった形跡があります
オイルタンクに蓄積された鉄粉も48000kmの割には少ない感じ。

でもやはりかなり汚れていますね
量的には規定値オイルは入っていましたので漏れ等はなさそう。
タンクを外し古いオイルを捨ててタンクを綺麗にしたら再び取付
そして新しいオイルを入れていきます。
軽く試運転しギヤ操作をしてシステム内の汚れたオイルを循環させタンクに戻った汚れたオイルを再び入れ替え
この作業を3回くらい繰り返します
そうするとこんな感じで綺麗な状態になります。

最後にキャリブレーションをして作業は終了
できれば定期的に交換することをオーナー様に伝え、納車させていただきました

 

7月 13

フィアット パンダ オイル交換

大垣市のS様のフィアット パンダの入庫
オイル交換ですね

今回使用するのはMOTUL 8100エクセス
5W-40のオイルです

毎回定期的にオイル交換をしていただいているので排出オイルも、それほど汚くはありませんね。
持込みでオイルフィルターも交換です
パンダは作業のしやすい位置にフィルターが付いているので助かります。

ついでに冷却系統も軽く点検し作業は完了
また次のオイル交換もよろしくお願いします。

7月 05

プントHGT タイベル交換&エキパン交換

垂井町のN様のフィアット プントHGTの入庫
エアコンが冷えないということと、ついでにタイベルも時期的に交換が必要なのでということでご来店いただきました。
個人的にこのデザイン好きですね
良いクルマですよ。(*^^)

街中でも見かける頻度は減りましたが、まだまだ健在乗っているオーナーさんはいますね。

まずはいつものようにタイベル交換から始めます。
まだ購入して半年くらいらしく少しづつ手直しをしていきたいというオーナー様のご要望。
肝心要のタイベル交換は必須ですね。
アルファロメオに比べるとホント作業しやすいです。

特に特筆することもなく普通にタイベル交換作業&ウォーターポンプ交換進みます
おそらく前に整備をしていた工場さんが圧縮上死点でタイベル交換していないのでしょう。
カムなどに合いマークが付けられていましたが全然違う位置にありました
まぁしかし位置外れてはいないので問題はないのですけどね。
続いてエアコン不良の整備
コンプレッサーは一応作動しているようでマニホールドゲージを付けて圧を測定すると低圧がかなり高い
おそらくはエキスパンションバルブが怪しい
輸入車には多いトラブルです。エアコンガスは入っているようだし、コンプレッサーも作動しているのでほぼ間違いなくエキパンだ。

小さな部品のくせにかなり高額
物はVALEO製 いい加減壊れないものを作ってほしいといつも思う
16年間未交換のもの取り外すにも固着が酷い・・・・(ー_ー)
なかなか外れないし手が入れづらいので力がうまく伝わらない
格闘すること15分ようやく外れました。新しいエキパンを付けガスの補充をし、念のためにコンプレッサーオイルも補充
めっちゃエアコン冷えてくれました
蒸し暑い日が続くのでエアコンはやはり大事ですね

7月 03

プジョー1007 マフラー交換

瑞穂市のS様のプジョー1007の入庫
マフラーの腐食が酷く異音がし始めたので修理をしてほしいとのことで入庫されました。

拝見すると、おおおおお~これは酷いです
マフラーエンドが腐食で朽果てていますね
これほどの状態のは久しぶりに見ましたよ((+_+))

マフラーを外すために取り付けのナット等を外そうとしても、こちらもすでに腐食しており簡単には外れません。
酷い所はナットが完全に腐食しており折れてしまいます。

プジョー1007はマフラーがEXマニホールドからリアまで一体式
車体から取り外すのも知恵の輪状態、難儀です。
新しいマフラーを取付作業は完了
通常のマフラー交換に比べてかなり時間を要しました
みなさんも腐食する前に交換してくださいね

6月 24

プジョー206CC ATソレノイドバルブ交換

大垣市のM様のプジョー206CCの入庫
206CCの中でも限定のローランギャロスですね
デザインもよくカッコいいクルマです

依頼内容は3速ホールドになってしまい加速しないとのこと
走行1時間以上するとATが熱を持ち中の電磁バルブがダメになるのでしょう。
このAL4のATの弱点ですね。
ATFをマメに交換していれば汚れがひどくなる前にATFを変えるので冷却効果もあり電磁バルブ等がダメになることはないのですが・・・・

なかなかATFを定期的に交換している人はまだ少ないです

調子が悪くなってから慌ててATFを交換しても手遅れです
運が良ければ改善しますが大体がダメなまま。
しかしプジョー・シトロエンは親切です。ダメな電磁バルブを部品供給してくれています。
ということで今回もATの電磁バルブ交換ということになりました。

今回入庫する前にATF交換をダメもとでやっていますのでATFはそれほど酷い状態ではありませんが、それでもかなり汚れてしまっています。

交換した電磁バルブと新品の電磁バルブ
改良品なのでしょうか、若干違います。

電磁バルブを交換しATのオイルパンなども組み直し新しいATFを注入
テスターにて初期設定し早速試運転。
特に違和感はありません。
オーナー様曰く1時間以上走行した時になることが多いということなので2時間くらい試運転です。
なかなか2時間試運転するところがないので遠方にいく時に乗らせていただきました

長時間乗っても違和感なく3速ホールドにはなりませんでした。
オーナー様にはしばらく様子見で乗っていただくようにお願いし納車させていただきました。

プジョー・シトロエン・ルノーのAL4のATでお困りの方、一度ご相談ください

6月 21

アルファロメオ159 セレスピードセンサー交換

養老郡のH様のアルファロメオ159の入庫
セレスピードがたまにギクシャクして変速がモタツクときがあるということです。

試運転させていただくと極めて調子が良いです
オーナー様曰く30分くらい走行するといつもなるということなので30分くらい試運転してみます。
が、・・・・・症状でません。
とりあえず車両を止めておき半日放置。他の車両を整備したのち夕方に車両を工場内に入れようとしたときに症状でました。
2速から変速してくれません。
このまま少し近場を試運転、すると何とか変速はするもののオーナー様のが言うようにギクシャク感いっぱいで不安が増します。
テスター診断すると車速信号適切でないとのフォルト。

半年くらい前にアクチュエーターの縦軸方向のセンサーを変えているので、おそらく今度は横軸方向のセンサーの調子が悪いのかもですね。

センサーを取り外して見るとオイルで汚れていますね。
中からの漏れなのか、外からの侵入なのか。
まぁ外から入り込むことなどないでしょうから内部からオイルが漏れているのかもしれないですね。

新しいセンサーに交換し、試運転すると調子はかなり良いです。
スムーズに変速し違和感ありません。

でもお預かりした時も同じように違和感がなかったので、しばらく預かり時間があるときに試運転を重ねます。
5日間試運転しましたが特に問題がなさそうなのでオーナー様に様子見で乗っていただこうかと思います。

159も車両価格が安くなってきたので中古車市場も台数が増えてきています。
トラブルでお悩みの方はご相談ください

6月 20

ボルボ V70 AWD R ブレーキパッド&ローター交換

岐阜市のY様のボルボ V70AWDRの入庫
今回はリアのブレーキ一式を交換です

走行が10万キロを超えそろそろブレーキパッドが危険の状態になってきています
フロントは以前に作業をしているようなので今回はリアのみの交換になります

使用するパーツはDIXCEL
フロントをDIXCELに交換したそうなのでリアも同じDIXCELでと言うことでした。
ローターはプレーンで、パッドはMタイプです

さすがボルボの最高グレードAWDR ローターが重い
通常のV70のローターに比べて1.5倍くらい重く感じます
作業自体はただのブレーキ整備なので難しくはありませんがブレーキ廻りなので慎重に作業していきます。

交換後の写真を撮り忘れました・・・

最後に試運転しブレーキを慣らし、違和感等もなく無事に作業は終了です

作業目安時間

古い記事へ «

» 新しい記事へ