アルファ159 タイミングチェーン交換

岐阜市のM様のアルファロメオ159の入庫
タイミングチェーン&エンジンマウントの交換です。

個人売買で最近ご購入されたようで、購入後すぐにエンジンチェックランプが点灯し、Dへ持ち込んだところタイミングチェーンを交換しないとダメと言われたそうです。

Dでの交換費用があまりにも高額だったためにネットにて当社を見つけられご来店いただきました。

最近は159やブレラが中古車市場でお値打ちになったので、ほぼ毎日のように問い合わせの電話が入ります。

チェーン交換に至る前にやっておきたいことなどが多々あり、当社の管理ユーザー様たちは順番にそれらを行い、最悪の場合のみタイミングチェーンの交換となる感じです。

オイルの管理や、エンジンの洗浄などオーナー様の常日頃の車両の管理の仕方でクルマはその後のトラブル頻度が変わります。

是非管理を見直してみてくださいね。
というわけでまたまた159のタイミングチェーン交換を行います。

取り外すパーツを順次取り外していき、ようやくタイミングベルトにアクセスできるようになります。

今回はエンジンマウントを交換もします。
ゴムの部分が断裂してしまい振動が吸収されず信号待ちなどで異音がすごかったです。

取り外したチェーンはおよそ5mm位は伸びてますね。

チェーンのガイドのプラスチックがチェーンの振れで割れてしまっていました。
おそらくエンジンマウントが断裂していて振動音がうるさくてタイミングチェーンの振れによって当たる音を打ち消してしまっていたのでしょうか。

タイミングチェーン交換、エンジンマウント後すこぶる静かになりました。
チェックランプも当然ながら点灯せず。
今後もオイル管理等もオーナー様に説明し納車となりました。

MCC スマート F.ブレーキパッド&ローター交換等

知多市のK様のスマートの入庫です
フロントのブレーキパッド&ローター、フロントタイヤ、エンジンオイルの交換のご依頼を頂きました。

走行が52000kmなのでそろそろといった感じなのでしょうか。
パーツはオーナー様の持込みです。

今回使用するのはこのパーツ
おそらくネット上で安く出回っているものでしょうね。

まぁどんなものでも値段相応なのでオーナー様さえ了承していればいいんですがね。

安いパッド等はダストが出やすく、ブレーキ鳴きが酷い場合があったり、ローターへの攻撃性が強かったりするので要注意です。

とにかく今回はフロントにのみなので作業は楽です。
まずはパッド&ローター交換から始めます

スマートはホイールもボルトが3本だし、構造が複雑ではないので助かります。

あっという間に取り外し完了
後は新しいパーツを取り付けるだけ

写真を撮るのを忘れました・・・・
タイヤも交換し作業は完了
また何かあればお気軽に声をかけてください

フィアット500 車検&タイベル交換

刈谷市のO様のフィアット500の入庫
車検&タイミングベルト交換でご来店いただきました。

ネットで当店を見つけていただきお問い合わせいただいてのご来店で、いままでは地元の整備工場に入庫していたそうです。

走行が52400kmでメンテは定期的に行っていたということでした。

実際に車両を上げて確認すると確かに定期的に整備していた感じです
ブレーキパッドやオイル系も大丈夫そう

しかし肝心要のデュアロジックは・・・・
オイル量はある程度OKな範囲ですが、オイルの色が真っ黒です。

ひとまずオーナー様に連絡し、交換をおススメして了承をいただきましたのでこちらも交換していきます。

ではまずタイミングベルト交換からいきましょう

ほら、見えますか?
ベルトにヒビが・・・・こわいですね~

意味不明なベルトの欠けも発見
今回交換で本当に良かったですね。
手遅れになっていたらエンジンご臨終でしたよ。

SST等を使いタイミングベルトを外し、ウォーターポンプも交換します。
ちなみにドライブベルトは交換してあるようで綺麗だったのでそのまま使用します。

すべて交換し綺麗になった感じがしますね

タイミングベルトカバーも綺麗ににしてもとに戻していきます
ついでなので綺麗なほうが良いですもんね

タイミングベルト交換後、デュアロジックオイルの交換も行い
オーナー様からのリクエストのエンジンオイルも交換。

車検もOKで無事に納車となりました

アルファGT エンジン不調

大垣市のA様のアルファGTの入庫です

お買い物途中でエンジンチェックランプが点灯し、エンジンがバタつくようになったということでお帰りの途中にお寄りいただきました。

車両は確かにスムーズにエンジンが回っていませんね。
これはおそらくまたダイレクトイグニッションが1つダメになっているのでは?

テスターにて診断してみると、やはり1か所ミスファイヤを拾っています。
アルファのダイレクトイグニッションは何故か高い。
VWなどと比べても異常に高い

高いのに壊れる頻度はVWと遜色なし
全く理不尽ですね。

とにかくダメな物はダメなので交換です
この手の部品は常時在庫有りです

オーナー様の意向で4本ズべて交換して欲しいとのことなのですべて一気に交換します。

ついでにRECSも施工してほしいとのことなので取りあえず代車でいったんお帰りいただき
引き続き作業していきます。

プラグは前回の車検時に交換しているのでそのまま。

最後にRECSを施工して試運転。
テスターにて異常コードを拾わないことを確認して作業終了です。

アルファ159 タイミングチェーン交換&PSポンプ交換

桑名市のO様のアルファロメオ159の入庫です

エンジンルームから異音がするということでご連絡いただき、ついでに以前より気になっていたタイミングチェーンも交換してほしいとのことでした。

エンジンルームから異音の原因はパワステポンプ。
オイルが抜けてしまいポンプがギュインギュインいってますね。
パワステのオイルがなくなった原因はパワステホースにピンホールができオイルが噴出してしまってるんですね。
この症状は159・ブレラの定番のトラブル
早期に発見すればパワステポンプまでは交換しなくてもいい場合がありますが、異音が出始めてしばらく放置してしまうとパワステポンプのベアリングもイカレてしまいダメです。

タイミングチェーンの方は昔にエンジンチェックランプが点灯しDの持って行ったらチェーンが伸びているかもしれないので交換したほうが良いですよと言われたそうです。

それからしばらくはチェックランプ点灯したままで乗っていたそうですが、この際なのでついでに交換をということでした。

ということでまずはタイミングチェーン交換から始めましょう。

マウントやその他諸々を外しながらタイミングチェーンカバーにアクセスできるようにしていきます
今回はパワステポンプも同時交換なので一緒にパワステポンプも取り外してしまいます。

これ結構助かります
同じような作業なので別々でやるよりもかなり手間が省けます。

タイミングチェーンカバーや、タペットカバーを外すとチェーンが見えます
カムの所のチェーンのガードがおそらくチェーンが伸びてしまい振れてプラスチックが破損してます。

取外したチェーンがこれ
新しいチェーンと並べてみると5mmくらい伸びてますかね

では新しいチェーンを取付ていきます
写真で見ると簡単そうに見えるかもしれませんが、かなり手間がかかりますし、要領が必要です。

新しいタイミングチェーンを取付るとこんな感じ。
テンショナーで張りをだし、あとはカバー等を付けていくだけです。

タイミングチェーンが終われば、そのままパワステポンプも取付ていきます。
同じような作業になるので流れで作業できます。
パワステポンプ取り付け後、パワステオイルを入れエア抜きをして、最後にエンジンオイルを入れて作業は完了。

始動時の異音もなくなり、もちろんパワステも静かになりました

アルファ147 タイミングベルト交換

名古屋市のT様のアルファロメオ147の入庫です。

以前よりそろそろ交換ですよとお話していたタイミングベルトの交換ですね。
女性オーナーの147、しかもMTです
好きじゃなきゃ乗れないクルマですよね。

大事にしていただいているのが分かる車両です
パーツはオーナー様の持込み

パーツ持込みだと足らないパーツがよくあります。
というよりもこれもついでに交換した方が得ですよ!っていうパーツがない
当社は常時それらのパーツはストックしているので、オーナー様に話をして大体が交換になります。
今回もやはり無いパーツがありました。

さて早速作業に取り掛かります。
いつも行っている作業なので特筆する様なことはないのですが
初期型の147もだいぶ減ってしまったので何となく懐かしく思いながら作業を進めてます

作業途中に発見
ドライブシャフトブーツが破損してほぼドライブシャフトブーツがなくなってしまっています
これは大変ですよ。
放置しておけばそのうち異音が間違いなく発生しますから。

オーナー様に報告しましたが今回は予算の都合上このままということに・・・・・

出来れば早めに作業を行ったほうが良いですよこれは。
中のグリスも飛び出してしまいほぼほぼありませんから。

と言っている間にタイベル交換&ウォーターポンプ交換終了です。
軽く試運転し問題ないことを確認
ついでにドライブシャフトに異音が出ているかも確認、まだ異音は発生していないようです

これにて今回の作業はとりあえず終了
でもクドイですがドライブシャフトブーツが気になります

アルファ159 RECS施工

四日市市のS様のアルファロメオ159の入庫です
今回のご依頼内容はRECS施工

159もJTSエンジンなのでカーボンやスラッジが溜まりやすい車両です。
RECSはエンジンの汚れやスラッジを綺麗にしてエンジン性能を回復してあげる作業です。

さっそくRECS施工です。
白煙モクモクでいつものように出てきます。

施工後軽く試運転、テスターにて異常を再確認
やはりまだパワーステージの不良を拾いますが、常時ではないに変わりました。
あとはエンジンオイル等はJTSに相性の良いものに交換していったほうが良いのではとご提案して本日の作業はここまでとなりました。

直噴エンジンにお乗りのオーナー様、RECSおススメですよ

フィアット500 足回り交換

愛西市のS様のフィアット500 ツインエアーの入庫

足回りを交換したいということです

パーツをオーナー様がご自身で手配され持込みということでの依頼。

今回チョイスされたのはKONIのサスペンションに、RS.Rのバネ

イタフラ定番のKONIの足回りですね。

最近はこういったパーツも持込みが増えています

物が簡単に手に入る時代ですから仕方ないことですね。

さっそく作業開始、ついでにというか当たり前ですがサスペンションのアッパーマウントも交換します

交換前                        交換後

やはりカッコいいですね

フィアット500はとても作業しやすいので助かります。

全ての交換を終え、試運転

異音やガタが無いことを確認し作業終了です

 

アルファ147 タイミングベルト交換

豊田市からお越しのT様のアルファロメオ147の入庫

先日オイル交換でご来店いただき、その時の話で57000km走っているがまだタイミングベルトを交換していないが大丈夫ですか?という質問をもらったので、ヤバいですよということで今回の入庫となりました。

さっそく作業開始です

後期型の最終の147なので全体的にまだまだ綺麗です。
エンジンルーム内も綺麗ですね。

タイミングベルトはやはり亀裂が入ってきています。
前回のオイル交換の時に排出オイルが1Lもなかったので、オイル管理の良くないオーナー様?かなっと思い少し不安でしたが、やっぱりタイミングベルトヤバかったです

ウォーターポンプももちろん交換
固着もなくすんなりと取り外せました。

新しいパーツを取付し作業は完了。
全てを組み付け試運転し、問題がないことを確認して納車となりました。

フィアット500 クラッチ交換

米原市のN様のフィアット500の入庫です。
異音がするということでご来店いただきました。

拝見すると確かに異音がしています
速度が上がると音がかき消されて、低速時にはシャーという小さな異音がしますね。
走行が83000kmなのでそろそろクラッチのベアリングがダメになっている可能性がありです。

ベアリングだけの交換はできないので、クラッチもオーバーホールですね。
正確にはできないというよりも、もったいないですよね。
ミッション降ろしてクラッチを変えずに戻すなんて。

ということであっという間にミッション降りました。

ミッションケースの下側にあるのがクラッチのベアリング
茶色くなって手で回しただけでもシャリシャリ異音がしています。
これだけ音が出てれば間違いなくダメですね。

500のクラッチ交換部品も常に常備しているので、すぐに交換作業へと進みます。

新しいクラッチディスク・クラッチカバーを取付し、ベアリングも交換。
ミッションを組み付けし、ギヤオイルも新しくします。
すべて組みなおしたら最後にキャリブレーションしてクラッチを調整します。

もちろんデュアロジックオイルも交換しますよ
せっかくミッション降ろしているんですからね。

試運転し、もう一度キャリブレーションして異音・不具合が無いことを確認して作業は終了です。

Load more