7月 15

VWトゥーラン エアコンエキスパンションバルブ交換

VWトゥーランのエアコン修理で入庫です。

トゥーラン何かとトラブルが最近発生が多いです

水漏れ、AT滑り、エアコンなどなどなどなど・・・・

夏本番になってきていよいよエアコン修理も頻度が増えてきています。

ブログでは書ききれないので書いてませんがエアコンガス補充は毎日のように車両が入庫してきます。

クルマも古くなればエアコンガスも少なくなってくる車両もありますよね。

今回のトゥーランもエアコンの冷えが悪いとのこと。

しかしエアコンガスは十分に入っているようです。

コンプレッサーも回っていますし、電動ファンもちゃんと作動しています。

トゥーランやゴルフ5で多いのがエキスパンションバルブの詰まり。

エキスパンションバルブというのは圧縮されたエアコンガスを一気に噴射し、気化するときに発生する冷気を使ってエアコンを冷やすもの。

エキパンが詰まると正常に気化できないとか、噴射量が少なくなり冷えが悪くなる。

このエキパンが詰まっているのだ。

DSC09958

DSC09959

これがエキスパンションバルブです

写真にある穴をエアコンガスが通ります。下側の穴に調整の弁が付いており噴射されるガスを気化しています。

DSC09957

最後にエアコンガス&コンプレッサーオイルを補充し作業は終了です。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません