1月 22

アルファロメオ156 クランク角センサー交換

名古屋市のT様のアルファロメオ156の入庫
信号待ちで止まったら突然エンジンが停止してしまったという。
しばらくして再始動したらエンジンがかかり、しばらく走行するとまたエンジンが停止。
それをしばらく繰り返しとそうです。

おクルマを引き上げにお伺いすると確かにエンジンはスムーズに始動しました。
工場に戻りしばらくアイドリングさせているとエンジン停止、すぐに再始動させようとするととエンジンが始動しません。
燃料ポンプ?ポンプリレー? カムポジセンサー?
とりあえずテスター診断するとクランク角センサーの不良を拾っています。
その後しばらくして再始動するとエンジンはかかり、この状態でテスター診断するとクランク角センサーのフォルトは消えています。

これはもう100%クランク角センサーの不良で間違いないですね。

156のクランク角センサー、そこそこ面倒な位置についています。
手を無理くり押し込んで作業します。

クランク角センサー交換後、アイドリング状態で放置、園児が手視しないことを確認し、試運転です。
問題なく遡行できることを確認して納車となりました。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません