8月 05

アルファ156 JTS クラッチ交換

岐阜市のY様のアルファロメオ156JTSの入庫
走行が124000kmで以前よりギヤの入りが悪いとお話ししてみえましたが、最近信号待ちでNに戻ってしまう時が出てきたそうです。

ぼちぼちとクラッチ交換の時期ですよっとおすすめしてましたが、いよいよ決断の時となりました。
ということでクラッチ交換で入庫です

アルファロメオのクラッチ交換ももう何台やったことでしょうか。
いつもの手慣れた作業でさっさと作業を進めていきます
何度もやっているのでどこをどうやって外していけば簡単に作業できるかコツはわっかているのです。
ということで下したミッション

クラッチはこんな感じになってます

ほぼクラッチなくなっています
あと数日も乗っていたなら交差点のど真ん中でNになり大慌てになっていたかもしれないですね。
ギリギリセーフのタイミングで入庫でしたね。
フライホイールの方にダメージはなさそうなので良かったです。

新しいクラッチ等を組み付けミッションを元に戻します。
新しいセレオイルも補充し、組み付け後キャリブレーション

軽く試運転し、もう一度テスター診断してキャリブレーションします
2日くらい試運転し異常がないことを確認
オーナー様に納車しました。納車後オーナー様から購入時よりもかなり乗りやすくなり、ギヤの入りが全然違うと喜びの声をいただきました。
過走行車のアルファロメオのオーナー様大事になる前にクラッチ交換しておきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません