ルノー カングー タイミングベルト交換

大垣市のO様のルノー カングーの入庫です
今回はタイミングベルト交換と、ウォーターポンプ交換です

以前よりエンジンオイル等の交換でお越しいただいておりましたが、オイル交換の度に感じていた下回りにLLC(冷却水)の漏れた跡があるのが気になっており、夏場にオーナー様から冷却水がやたらと減るというご相談をいただいた時にたぶんウォーターポンプから冷却水漏れていますよとお話をしておりました。

秋になったらタイミングベルトと合わせて作業をしますということだったので今回の入庫になりました。

早速タイミングベルトが見えるように諸々を取り外していきます。
エンジンマウントを取り外し、タイミングカバーを取り除きます。
そしてカムが動かないようにSSTを使って固定します。
もちろんクランクもSSTを使って固定していますよ

下からタイミングベルト廻りを見てみると、やはりウォーターポンプ廻りから冷却水が漏れている形跡があります。
しかも一ヶ所ではなさそうですね。

タイミングベルトを取り外し、ウォーターポンプを取り外してみてビックリです。
ウォーターポンプのガスケットがありません。
シールパッキンが塗ってはありますがガスケットがない。
これでは冷却水漏れますよ。
赤くなっている部分がシールパッキン
圧があまりかからないオイルパンや、タペットカバーなどにはシールパッキンだけでもOKですが圧がかかるウォーターポンプにはさすがに持ちませんよね。

新しいウォーターポンプを取付ます。もちろんガスケットもちゃんとありますよ。
念のためにこの状態で圧力をかけ水漏れがないかを確認。
漏れがないことを確認して新しいタイミングベルトを取付していきます

テンショナー等を取付し問題がないことを確認してからエンジンマウントなどを元に戻します。
そしてエンジン始動スムーズにエンジンが回ること、異音がないことを確認してから軽く試運転をします。
全てが問題がなければこれでOKです。

次回もまたエンジンオイル交換よろしくお願いしますね

コメントを残す

Your email address will not be published.