VWニュービートル タペットカバーパッキン交換

尾張旭市からお越しのM様のVWニュービートルの入庫です
GooPitをみてご連絡いただきました

オイル漏れ等があり、タペットカバーパッキンを交換してほしいとのことでした
作業的にはそれほど難しい物ではないですが
M様のニュービートルはターボ車なので取り外すパーツがNAよりも多いんです。

まだまだデザイン的にも、機能的にも乗れる車両なんですが
内装パーツやミッショントラブルなどで買い替えされるオーナー様が多い車両ですよね。

この車両もやはり内装パーツはダメになっていました。
しかしオーナー様がまだまだ乗りたいということで今回の修理となり入庫していただきました。

さっそく作業開始です

エンジンカバーを外した感じ
普段はカバーで覆われていますからスッキリしているように思われていますが
実際はそんなにスッキリはしていません

諸々のパーツを取り外し、タペットカバーを取り外せれる状態にしていきます。

タペットカバーを取り外すとこんな感じ
パッキン類は経年劣化でゴムが硬化してカチカチになっていました。

あたらしいパッキンに交換して、取り外したパーツを組み付け作業は完了
次回は2度目のタイミングベルト交換ということです

またご連絡をお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスは公開されません