アルファ159 クラッチ交換&パワステポンプ交換

姫路市のT様のアルファロメオ159の入庫
事前にお問い合わせいただき、走行中に異音がするということで地元のDに行かれたそうですが明確な回答を得られずお問い合わせいただきました。

電話での問診でおおよその症状をお聞きし、おそらくクラッチベアリングの劣化が原因ではないかということでこの度入庫していただきました。

遠方よりのお越しで大変ありがたく思います。

さっそくミッション脱着に取り掛かります。
最近クラッチ交換が非常に多く、自動車屋あるあるではないですが、同じような修理が続くことはよくありますね。

159も他のアルファと同様にメンバー脱着しなくてはいけませんし、ドライブシャフトやらマフラーやら取り外すパーツが多くて大変です

てなことを言いながらもミッション降りました。
奥に見えるのが問題のクラッチベアリング
159は油圧で個のベアリングをクラッチに押し付けるのでクラッチシャフトがありません。
よって部品代が高いです。。。。

クラッチも異様にサビが目立ちますね。
素行は54000kmなのですが、クラッチディスクはこんな感じでかなり摩耗してきています

問題のクラッチベアリングを取り外し手で回してみると案の定、ガラガラと派手に異音を出してくれています。

やはりこれが原因ですね。

あたらしいベアリングを取付し、クラッチディスク等もすべて新品に取り換えしミッションを元に戻します。
ミッション組み付け後、クラッチオイルの抜き換え・エア抜き等をして、その後でキャリブレーションです。
クラッチ調整完了後軽く試運転し、もう一度キャリブレーションをしてクラッチ調整を行います。
もちろん異音もありませんし、静かでギヤの繋がりもスムーズ
とても快適です。

クラッチの作業がすべて完了後にパワステポンプの交換

以前にパワステホースからオイル漏れして地元のDにてホース交換をしてもらったそうですが
その際にDのメカにパワステポンプも交換を進められたそうですが、その際は大丈夫だろうと思い作業をしなかったそうです。

しかし、すぐにポンプから異音が発生
ということで交換に至りました。
弱いです159・ブレラのパワステ
すぐに異音を出します。対策後のパワステオイルに変えても全然ダメ
かなりの弱点ですね。

とりあえず新品のポンプに交換
これで静かで快適なドライブができるのではないでしょうか

遠いところわざわざありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません