フィアット プントHGTアバルト 車検整備

垂井町のN様のフィアット プントHGTアバルトの入庫
今回は車検でご入庫されました。

色々と不具合があり、車検を受けるかどうか悩まれていましたが、やはりこのデザインが良いということで車検を受けることになりました

今現在出ている不具合は、エアバックランプの点灯、パワステが効かない、エアコンが冷えないなどなど。

エアバックランプの点灯はどうやら前オーナーが配線を加工しているようで、その加工した部分が接触不良をしています。

おそらく同じようにエアバックランプが点灯し、それを消すために加工したのでしょう。
素人配線なので処理がいい加減にされていましたので、今回はそれをもとに戻し、危なくないように処置しました。

エアコンが冷えないのはガス漏れですね。
これは漏れ止剤を入れしばらく様子を見てもらう感じです
おそらくコンデンサーあたりか、エバポレーター辺りが怪しいですね。

パワステが効かないのはフィアット系での定番トラブル
フィアットのパワステは油圧式ではなく、モーターでステアリングをアシストしています
このモーターを作動させる回路にあるリレーがダメになってパワステのトラブルを引き起こします

しかしながらこのリレー簡単に交換というわけにはいきません
何故なら部品が出ない、備品があってもハンダ付けで固定されているのでバラして付け替え作業をしなくてはいけません。

幸いこの車両はまだ完全にパワステがダメになっているわけではなさそうで、ちょっとしたコツでエンジンを始動してあげるとパワステが正常に作動してくれています。
おそらく偶然でしょうが、まあ今現在作動しているならということで今回は見送りです

後はその他諸々の車検整備を行って無事に検査終了
これでまた2年間乗れますね

コメントを残す

メールアドレスは公開されません