アルファロメオ156SW クラッチ交換

名古屋市のA様のアルファロメオ156SWの入庫

ギヤが2速以上に上がらないことが多々あるということで入庫してきました。

ムムム・・・セレのトラブルか?

とまずはセレを怪しんでみる。

セレシステムには申し訳ないが、何かあれば何でもまずセレが原因ではないかと疑ってしまう。

走行が98000kmと微妙に走っている車両。

セレのシステムに関しては以前に当社でオーバーホールしているので、ちょっとビックリしながらセレのテストをしてみるとセレシステムは正常に作動している。

ちょっとホッと安心してみたりした。

さてでは原因は何か?

テスターにてキャリブレーションしてみようとするとキャリブレーションできない。

正確に言うとキャリブレーションしようとするが、途中でやめてしまう。

これはクラッチが減っているに違いない。

オーナー様の許可をいただきクラッチ交換することになった。

ということでクラッチ降ろしました~

もはや156程度は慣れたものです。

あっちゅう間にミッション降ろします

さてさて問題のクラッチは・・・・

じゃ~ん!ダメダメです

クラッチディスク減りまくってます

これではクラッチが繋がらないのでセーフティモードになってしまいますね。

クラッチのパーツも常ストックしてありますので、すぐにパーツ交換に移ります。

クラッチ交換して、キャリブレーション。

シフトの入りが見違えるように気持ちよく入ります

試運転してみると、なおそのスムーズさが気持ちいいですね。

試運転後に再度キャリブレーションして作業は終了

オーナー様から次はタイヤ交換をしてほしいとのご依頼を頂き再度の入庫予定も頂きました。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません