アルファ159 タイミングチェーン交換&PSポンプ交換

桑名市のO様のアルファロメオ159の入庫です

エンジンルームから異音がするということでご連絡いただき、ついでに以前より気になっていたタイミングチェーンも交換してほしいとのことでした。

エンジンルームから異音の原因はパワステポンプ。
オイルが抜けてしまいポンプがギュインギュインいってますね。
パワステのオイルがなくなった原因はパワステホースにピンホールができオイルが噴出してしまってるんですね。
この症状は159・ブレラの定番のトラブル
早期に発見すればパワステポンプまでは交換しなくてもいい場合がありますが、異音が出始めてしばらく放置してしまうとパワステポンプのベアリングもイカレてしまいダメです。

タイミングチェーンの方は昔にエンジンチェックランプが点灯しDの持って行ったらチェーンが伸びているかもしれないので交換したほうが良いですよと言われたそうです。

それからしばらくはチェックランプ点灯したままで乗っていたそうですが、この際なのでついでに交換をということでした。

ということでまずはタイミングチェーン交換から始めましょう。

マウントやその他諸々を外しながらタイミングチェーンカバーにアクセスできるようにしていきます
今回はパワステポンプも同時交換なので一緒にパワステポンプも取り外してしまいます。

これ結構助かります
同じような作業なので別々でやるよりもかなり手間が省けます。

タイミングチェーンカバーや、タペットカバーを外すとチェーンが見えます
カムの所のチェーンのガードがおそらくチェーンが伸びてしまい振れてプラスチックが破損してます。

取外したチェーンがこれ
新しいチェーンと並べてみると5mmくらい伸びてますかね

では新しいチェーンを取付ていきます
写真で見ると簡単そうに見えるかもしれませんが、かなり手間がかかりますし、要領が必要です。

新しいタイミングチェーンを取付るとこんな感じ。
テンショナーで張りをだし、あとはカバー等を付けていくだけです。

タイミングチェーンが終われば、そのままパワステポンプも取付ていきます。
同じような作業になるので流れで作業できます。
パワステポンプ取り付け後、パワステオイルを入れエア抜きをして、最後にエンジンオイルを入れて作業は完了。

始動時の異音もなくなり、もちろんパワステも静かになりました

コメントを残す

メールアドレスは公開されません