アルファ159 カムポジ&パワーバルブ等交換

岩倉市のK様のアルファロメオ159の入庫
個人売買で購入されたそうで、購入後すぐにエンジンチェックランプ点灯
他店で見てもらったところタイミングチェーン交換を勧められたという。

最近の良くある話です
159やブレラのエンジンチェックランプ点灯は本当に多いです
実際にタイミングチェーンが伸びている車両も多々あります。

ですがタイミングチェーンを交換する前に最低限やっておくことがあります。
それらを行ってなおもチェックランプが点灯するならばタイミングチェーン交換ということにした方が良いのでは?といつも思います

今回はオーナー様がパーツを持ち込んでいるものもあります
スパークプラグ、カムポジセンサー、INパワーバルブこれらはオーナー様が自身でご用意されていました。
当店ではEXパワーバルブ、パワステホースのみの部品発注です。

まずはセンサー類等から作業を始めましょう

ダイレクトイグニッションを外してスパークプラグ交換。
そしてIN・EXのパワーバルブ交換
これらは良くダメになります。

ダメになるにもかかわらず部品代は高額
新車時はボディが黒色でコーティングされているのですが、新しい部品は普通にシルバーのボディです。

カムポジも交換
これらは過去事例としてはそんなにも悪くはなりませんが、オーナー様がついでだからということなので交換です。

あとはお決まりのパワステホース
パワステポンプがウィンウィン鳴りだしたらまずはパワステホースを確認してみてください
おそらくピンホールの穴が空いているはず。
オイルをどれだけ補充してもすぐに抜けてしまうのでパワステの音鳴りが出たらパワステホース交換です。

ちなみにパワステオイルは純正のチュテラを使用
どうやら相性がいいらしいです。

最後に追加でリクエストをいただいたRECSを施工して作業は完了です。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません