ジュリエッタ タイミングベルト交換&12ヶ月点検 

美濃加茂市のS様のアルファロメオ ジュリエッタの入庫
12ヶ月点検とタイミングベルト交換&オイル交換等々です

走行が40000kmを越えたのでそろそろタイミングベルトを交換した欲しいとのことで、ついでに12ヶ月点検等も一緒にということでした。

159やブレラで一時タイミングチェーンになりましたが、結局マルチバルブのエンジンはタイミングベルトに戻りました。

チェーンが伸びてトラブルを起こすことを考えればアルファロメオはタイミングベルトでいいのでは?
と思っています。

それでは作業開始です。

エンジンマウントなどの邪魔なものを取り外ししてタイミングカバーにアクセス
タイミングカバーを外せばベルトとご対面できます。

まだ40000kmなのでそれほどタイミングベルトは劣化していません。
しかし油断大敵、イタフラ車のパーツの信用度は低いですからね。

SSTなどを使い各部を固定ホールドしていきます。

このSSTがあるのと、ないのとでは作業性は雲泥の差が出ますよ。
SSTは本国発注の製品で、かなりお高いです。

タイミングベルトを外して、ウォーターポンプも取り外し。
ここまでくればあとは新しいパーツを取り付けていくだけ。

新しいタイミングベルト、ウォーターポンプ等を取付後の写真

慣れてしまえばタイミングベルト交換などあっという間です。
最近はジュリエッタのタイミングベルト交換が非常に多くなってきています。

オーナーの皆さん切れる前に交換しましょうね

タイミングベルト交換完了後はエンジンオイル交換と、12ヶ月点検を行って作業完了です。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません