名古屋市のK様のフィアット ニューパンダの入庫 車検整備&デュアロジックオイル交換&運転席パワーウィンドレギュレーター交換です。 走行が94000kmと、まぁ年式相応の距離数です。 デュアロジックオイルは今までに未交換、つい先日もギヤがNレンジのままになったときがあったということでした。 運転席のパワーウィンドは動くと嫌な音がしています。 レギュレーターはダメになりかけている感じでしょうか。 ちなみにこちらはオーナー様のパーツ持込みで交換します。

基本的な車検整備を先に行います。 最終形のニューパンダ、まだまだ乗れる良いおクルマです。 先日もタイミングベルト等を交換したので、それほど車検でもやることがありませんが、デュアロジックオイルに関してはやはりコテコテに汚れています。

オイルの量も半分以下になっていますし、デュアロジックオイル自体がドロドロでした。 年式的にも距離数的にもアキュムレーターも経たってきている感じですが、今回は見送りでデュアロジックオイルのみの交換で作業をしました。

お次は運転席のパワーウィンドレギュレーターの交換 オーナー様がネットにて格安のレギュレーターを購入されたそうで、そちらを取付します。 写真を見ていただければわかると思いますが、さすが格安パーツ ちゃっちいですね~ 見るからに安物って感じです。

しかも配線をカプラーから切断して、端子で接続しろという代物これもし元の純正に戻したくなったらどうするんでしょうね。ちなみに右が純正品で、左が社外の格安パーツ言わなくても見ればわかる感じですよね。

予想通り取り付けたそばから異音がする。 作りが粗雑なのでモーターが駆動するたびにコクンコクンと音がします しかし持込みパーツなのでこれ以上は施しようもなくこのままです。 社外パーツがダメなわけではないのですが、あまりにも安いものや、メーカー名がわかないものなどは注意してくださいね。 結局すぐにちゃんとしたパーツを再度購入するパターンかなりありますから。