岐阜市のY様のフィアット500の入庫
ミッション異常警告灯が点灯し、Nレンジなってしまい不動になるということで入庫してきました。
走行は110000kmと過走行車です。

オーナー様にお話を聞くと今まで一度もデュアロジックオイル交換をしたこともが無いとのこと。
まぁ今回はデュアロジックオイルだけの問題ではなさそうですが。

距離的にはクラッチ交換しなければいけない距離です。
今回の不動の原因はメインはクラッチの摩耗でしょう。
オーナー様の許可をいただきクラッチ交換の作業を行います

まずはクラッチを正常にしてからデュアロジックシステムの点検等になります。

いきなりミッション降りたの図
ツインエアーはスターターの脱着が面倒ですが、そこをクリアしてしまえば後は特に問題になるような面倒な個所はありません。

ミッションを降ろしたついでのデュアロジックオイル交換
降ろす前にテスターにてアキュムレーター等のオイルをタンクに吐き出させておきます。
真っ黒なオイルですね。汚いです。

そしてクラッチ交換

新しいクラッチディスク、カバー等を取付しミッションを元に戻します。
ミッション組み付け後、キャリブレーションし試運転します。

試運転後再度テスター診断。
何となくギヤの切り替えがギクシャク感を感じたのでデュアロジックのセンサーも交換しておきます。

センサー交換後、再度試運転
交換前と比べると明らかにギヤの切り替わりがスムーズになりました。

もう一度テスターにて診断し異常コードが無いことを確認して納車となりました。