10月 14

アルファロメオ147 セレスピード修理

岐阜市のS様のアルファ147の入庫です。

セレシステムが時々ニュートラルになったり、2速ホールドになるということです。
今回は自宅駐車場にてニュートラルのままシフトが変わらなくなり、レッカー搬送されてきました。
しかし、入庫した時には正常に戻っておりクルマは普通に乗れる状態です。

おそらくいつものあれだと思うのですが。
とりあえずテスター診断してみると、やはりATの故障コードを拾っています。
一度クリアにして試運転。
スムーズにギヤチェンジしています。戻ってもう一度テスター診断すると同じ故障コードを拾っていました。

走行93000kmです。そろそろアキュムレーターが経たるころですね。
原因はアキュムレーターの経たりとアクチュエーター内部のオイル漏れでしょう

dsc00393

在庫パーツは常にストックしてあるのですぐに作業に取り掛かります。
当社ではアルファのアキュムレーターは各車種ともに在庫してあり、それだけ交換頻度が多いということでなんです。

バッテリー等を外し面倒な作業
特殊な工具ばかりを使用します。

dsc00394dsc00395

作業終了後セレオイルを交換し、テスターにてキャリブレーション。
試運転です。
最初よりギヤの切り替わりがスムーズです。
アルファにお乗りの皆様セレにお困りの時は一声かけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません