«

»

11月 11

メルセデスベンツ S350 ATF交換

瑞穂市のS様のベンツ S350の入庫です
プレセーフモードになり40km以上速度が出ないということです。
入庫後問診していくとATFを今まで一度も交換したことがないとのこと。
現在146000kmATF無交換ということはドロドロになっている可能性が大ですね。

テスター診断してみるとTMインプットスピードセンサー不良、トランスミッション回転数センサー不良を拾っています。
まずはATFを抜いてオイルパンを外してみます。

dsc00471

ATFはやはりドロドロ、色もとんでもない色になっています。
ATFを抜き取りオイルパンを外すと、オイルパンの底に鉄粉とドロドロになったATFが溜まっています。
オイルパンを清掃しとりあえず元に戻します。
新しいATFを入れ数キロ走行し、またATFを抜き取ります。
これを3回繰り返し中を少しづつ綺麗にし行きます

dsc00518dsc00519

その後もう一度オイルパンを外しオイルフィルターを新品に変え、EGSコネクターも交換オイルパンのガスケットも交換し
再び組み付け新しいATFを入れます。
テスターで異常コードがないことを確認しテスト走行。
再びATFを抜き取り、新しいATFを入れ試運転。
2日間試運転しましたが症状が出ないことを確認し納車

dsc00526

最近こういったATに関する修理がとても多いです。
ディーラーさんが無交換を推進しているからでしょうが無交換でいいオイルなど世界にありません。
オイルは劣化しますし、酸化もします。
交換しなくてはいけません。症状が出てからでは遅いのです。
ATFも定期的な交換が必要。
みなさんもATF交換を頭の片隅に入れておいてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>