ボルボ 850 A/Cプレッシャースイッチ

ボルボ850のエアコントラブル

昨日までガンガンに冷えていたエアコンが・・・・・なぜか生温い風。

なんだ。いきなり。ということで入庫です。

そもそも850がまだいること自体がすごいことなのだが、個人的にはかなり好きな車種で税金さえ高くならなければまだ乗っ

ていたい車の一つです。

さて話を戻し、随分前にエバポレーターを交換しているのでエバポではないし、昨日までエアコンは効いていたというのでガス

漏れなどでもなさそう。

コンプレッサーも以前に新品に交換してあるので、ここは迷う事無くプレッシャースイッチを怪しんでみた。

850やV70では多いトラブルで、よく交換をしている。

まずはテスター用の高圧プレッシャースイッチを交換して取り付けてみる。

するとビンゴ!

コンプレッサーが回り始めた。

やはり、こいつだったのか。

毎度毎度迷惑をかけるヤツである。

早速新品に交換してしばらくアイドリング。

車内は快適温度に(^^) これでこれからの暑い夏にも準備万端だ。

エアコン関係ついては大概のトラブルは改善したので、あとは室内の室内温度センサーくらいかな。

年式が年式だけに壊れることを想定しておかないととね。

C4ピカソ タイベル交換&ウォーターポンプ交換

名古屋市からお越しのO様のシトロエン C4ピカソ タイベル交換です。

O様もネットにて当社を発見されご連絡をいただきました。

C4ピカソは遣り難いエンジン RFJです。

とにかくウォーターポンプを外すのが面倒なエンジンなのですよ。

DSC09813

ブツブツ言ってても作業は進まないのでとっとと手を動かしますね。

プジョー・シトロエンも専用工具がないとタイベル交換ができません

いや正確には交換作業が著しく遅くなる

当社はSSTも完備

スイスイとタイベル等を外していきます。

DSC09814

見てもらうとわかると思いますが左の上の方のギヤが付いたものがウォーターポンプです。

黒ですよね?これプラスチック製なんですよ。

あり得ないですよね、こんなところにプラスチック使うなんて。

DSC09815

で、対策品は鋳造です。

なら最初から鋳造使えよ・・・(ー_ー)!!と言いたくなります。

さっさと作業を進めましょう。

このウォーターポンプちゃんと作業しないと水漏れの原因になります

組み付けてから冷却水を入れた途端ドボドボなんてこともあります。

だからディーラーさんの工賃はメッチャ高く設定されているんですね。

DSC09816

作業完了して試運転してOkです。

テスター診断もして異常がないことを確認。

無事にオーナー様にお返しできました。

 

アルファロメオ 156SW スタビライザーリンクロッド交換

名古屋のA様のアルファロメオ156swの1年点検とF.ガラス交換の入庫です。

最近凸凹道を走るとフロントあたりからコトコト音がするということで1年点検も兼ねて入庫していただきました。

テスト走行すると確かに微妙に右フロントあたりからコトコトと音が気になります。

輸入車に多いスタビライザーリンクロッドのガタっぽいです。

DSC09732

DSC09730

作業はそんなに大変ではないのですぐにタイヤを外し新しいものと交換してテスト走行です。

う~ん静かですね。

やはりスタビライザーリンクロッドが原因ですね。

これで作業終了!と思いきや忘れてました

F.ガラス交換(-_-;)

今回はオ-ナー様のお願いでできる限り安いパーツを使ってほしいとのことなので

あまりお勧めはしませんが海外の安いガラスを使用します。

なぜに海外パーツはお勧め出来ないかは皆様のご想像の範囲です。

DSC09766

最初は普通の飛び石程度の傷だったそうですが、走行しているうちに亀裂が入り、段々と日を追ううちに亀裂が大きくなったとのことです。

今のクルマは飛び石多いのでみなさんも気を付けてくださいね。

一般道で亀裂が大きくなる場合はまだいいですが、高速道路などで亀裂が大きくなったり、飛び石がある部分に偶然にまた飛び石が飛んできたらガラスは粉々になりますから。

これ実体験です。(ー_ー)!!

かなり危険で恐ろしいことになりますよ。

できれば早めのガラス交換をお勧めいたします。

プジョー1007 スターター不良

プジョー1007の入庫です

ちょうど一年前に当社にて中古車で販売した車両です。

今回はオーナー様から駐車場にオイルの跡があるのでオイル漏れしているかも?というご相談を受け入庫してもらいました。

さっそく車両をチェックしてみると、確かにオイルが漏れてる形成があります。

オーナー様に問診開始です。

聴けば納車後一度もオイル交換をしたことがないとのこと(+_+)

マジですか!!!!!

ありえませんね。すでに納車時の走行キロから1万5千キロも走っているのに無交換なんて。

とりあえず車両をあげてみるとオイルプレッシャーセンサー辺りから漏れが見れます。

DSC09770

DSC09769

オイルを交換しなかったことにより、放熱性が悪くなりこういったセンサー類のパッキンなどが劣化したのでしょう。

部品交換と、オイル・オイルフィルター・エンジン洗浄のご提案をし、部品が入り次第再度入庫してもらうことで話をいたしました。

ですが・・・・オーナー様が帰ろうとするとエンジンがかかりません。(ー_ー)!!

むむむむ。。。。バッテリでもあがった?でもセルが回っていません

ブースターで繋げてもセルはウンともいいませんね。

スターターの不良っぽいです。

これもオーナー様に聞くと、1週間前くらいにも同じようなことがあったがしばらくしたらかかったので気にしていなかったそうです。

とにかくエンジンがかからないのでそのまま入庫。

スターター交換も追加作業です。

みなさんたかがオイル、されどオイルです。

オイル管理だけはしっかりしましょう。

これが一番クルマを長持ちさせる第一歩ですよ。

WAKO’S RECS これ評判いいです!

最近これが評判がいい!
やたらと問い合わせがある。

w3
某大阪の有名店でもかなりの評判のようだ。

アルファ乗りの情報の収集はすごいものがある。

まったくいつもながらに感心してしまう

実際に当社でもJTSのスラッジや、カーボンの除去でお勧めしています。

JTSは直噴なのでバルブ周りにかなりのスラッジが固着するんです。

これが酷い(;´Д`)

有り得ないくらいにヒドイ

おまけにO2センサーが4個もついているから信号拾いまくりで

常に警告灯の点灯です。

ところが、このWAKO’SRECSを使用すると

スラッジや、カーボンが除去される。

やり方はスロットル後のバキュームホースにリンクさせてアイドリングしながら

液剤を噴射していくのだ。
w2
燃料系の添加剤だと直噴エンジンの場合 バルブにはなかなか液剤がかからないので綺麗にはならない

しかしスロットルの後から吸い込ませると

当然ながら各シリンダーのバルブに液剤が付着し、スラッジ等を除去してくれるのだ。

1台あたりの時間は30分ぐらい。
2000ccの車で料金は8400円!
安くないですか?

気になった方は是非お試しくださいね。

グランデプント クラッチ&シフトリンク交換

FIATグランデプント 突然ギヤが入らなくなったとのことで連絡が入りました。

むむむむ・・・ またデュアロジックがご機嫌ななめなのか?

油圧制御関係かな?と思いながら早速現地に赴き状況を確認です。

ギヤはどうやら入ろうとしているようですが、ギヤが入ってくれない感じです。

デュアロジックは正常に作動しているので問題なし。

とにかく工場まで移動させます。

バラシてみると。。。。おやおや~~

DSC09799

クラッチフォークのつけに亀裂が!!!

DSC09800

写真撮るのを忘れてしまった(+_+)

クラッチを押すフォークに亀裂があるので力が逃げてしまいクラッチが切れない状態だったようだ。

しかしながら普通こんなところ亀裂はいりますかね(ー_ー)!!

バラシたついでですからクラッチ関係も新品に交換。

組み付けて作業完了

後はテスターでキャリブレーションして、走行テストでOKでした。

DSC09802

BMWミニ フューエルポンプ交換

BMWミニのフューエルポンプ交換

管理ユーザー様からのご連絡

昼に洗車して、移動させたらエンジンがかからなくなったとのこと。

電話だけだとただ単にバッテリーでもあがったのかな?と思いながらユーザー様のところへ。

ブースターで繋げてみても始動できません

クランキングは元気にしてくれているのでこれはクランクセンサーとかカムポジセンサー系かな?と判断し

このまま工場にレッカー。

戻ってテスターをかけてみるとセンサー類は異常なし

ということは燃料?

リアのシートを外してポンプの蓋を外しIGをOnにしてみるとポンプの作動音がしません。

DSC09822

そこで電圧を図ってみると電源は来ているようなのでこれはフューエルポンプの不良ですね。

DSC09824

BMWミニは右側に燃料フィルターが付いている

出来れば右側についているフィルターもついでに交換したいのだが、今回は予算的に交換なしでということなのでフューエルポンプだけの交換で作業は完了

無事にエンジンも始動しましたよ。

FIAT 500 デュアロジックオイル交換

FIAT500のデュアロジックオイル交換の依頼です。

ネットで当社を見られたとかでご連絡をいただきました。

感謝感謝ですね。(*^_^*)

走行は74000kmでいままで一度も交換したことがないとのこと

今現在デュアロジックに問題は出ていないそうですが、今後のことを考えてオイルくらいは交換したほうがいい思ったそうです。

見させていただくとご覧通り

オイルは真っ黒・・・・・・(ー_ー)!!

ありゃ~~ こりゃ汚い

DSC09704

できればアキュムレーターも交換したいのですがコスト的に今回は交換なしで。

オイル交換し、キャリブレーションして作業は完了。

オーナー様いわく「ギヤの入りスムーズになったような気がする」と

いやいや綺麗なオイルになったのでスムーズになったんだと思いますよ。

 

ボルボ V70 サスペンションアッパーマウント交換

ボルボV70 T-5のサスペンションアッパーマウントの交換です

走行中にコトコトと音がしますということで入庫しました。

走行は12万キロも走っていますのでいたる所にガタが出てきてます。

この時代のV70や850にはお決まりのアッパーマウントブッシュのヘタリとガタです。

手で触ってもワサワサ動くくらいにガタが出ます。

外すとこんな感じ。ゴムの部分と芯の鉄の部分が完全に分離しちゃっています。

こうなるとサスペンションがフリーであちこちと動くので余計にゴムの部分がすり減ってしまうんですよ。

DSC09710

ちなみに新品がこんな感じなのです。

DSC09711

どこがどうダメなのか誰が見ても一目瞭然ですね。

もうそこそこに古い車両になってきたので乗っている人は少ないと思いますが、まだまだ乗っている人は定期交換部品だと思ってください。

DSC09708

サスペンションはSACHSのパフォーマンスキットです。

純正がもともとSACHSですから相性はいいのかもですね。

さて元どうりに組み付けて作業は完了

後は試運転をして確認して終わりです。

DSC09709

 

 

147A/Cコンプレッサー交換

アルファロメオ147 A/C冷えずということで入庫

4月も半ばになり暖かい日が続いてくるとボチボチとA/Cのトラブルが出てきます

今回もA/Cが冷えないということで(>_<)

コンプレッサーは回っているのに冷えていな

コンプレッサーが回るといことはA/Cガスはそこそこ入っているのだろう

電動ファンなども確認し、リレーなども点検

圧力ゲージを付けて調べてみると

コンプレッサーの圧縮不良っぽい。。。

さすがに10年も経てばイタ車ですから壊れますよね~(^_^;)

DSC09679

オーナーさんに確認しコンプレッサー交換&A/Cガスチャージ

作業完了後試運転です

試運転しているとやたらとブレーキが鳴く

DSC09678

半端ないくらいの音でキーキーいってます。

タイヤを外してブレーキを確認すると、あれあれ(´・ω・`)パッドが磨り減ってしまっている。

オーナーさんに連絡すると 「そうそうブレーキが物凄くうるさかった」という。

リアのブレーキパッドもついでに交換して作業はこれにて完了です!

Load more