アルファロメオ147 セレスピード修理

岐阜市のS様のアルファ147の入庫です。

セレシステムが時々ニュートラルになったり、2速ホールドになるということです。
今回は自宅駐車場にてニュートラルのままシフトが変わらなくなり、レッカー搬送されてきました。
しかし、入庫した時には正常に戻っておりクルマは普通に乗れる状態です。

おそらくいつものあれだと思うのですが。
とりあえずテスター診断してみると、やはりATの故障コードを拾っています。
一度クリアにして試運転。
スムーズにギヤチェンジしています。戻ってもう一度テスター診断すると同じ故障コードを拾っていました。

走行93000kmです。そろそろアキュムレーターが経たるころですね。
原因はアキュムレーターの経たりとアクチュエーター内部のオイル漏れでしょう

dsc00393

在庫パーツは常にストックしてあるのですぐに作業に取り掛かります。
当社ではアルファのアキュムレーターは各車種ともに在庫してあり、それだけ交換頻度が多いということでなんです。

バッテリー等を外し面倒な作業
特殊な工具ばかりを使用します。

dsc00394dsc00395

作業終了後セレオイルを交換し、テスターにてキャリブレーション。
試運転です。
最初よりギヤの切り替わりがスムーズです。
アルファにお乗りの皆様セレにお困りの時は一声かけてくださいね。

BMWミニ クーパー 車検整備

大垣市にお住いのN様のBMWミニ 車検整備で入庫いただきました。

走行は89000kmです。
お決まりのポジションランプや、バックランプの接触不良などチョコチョコとしたものはあるものの大きなトラブルはなさそうです。

しかしバッテリーがかなり弱くなってきていますのでオーナー様にご提案しこれから冬を迎えるに当たり交換をお勧めしました。

dsc00396

暑い夏を頑張って過ごしたバッテリーはこの秋から冬にかけてダメになることが多いのです。
寒い冬にエンジンかからないってのは意外と苦痛ですよ。
冬本番を迎える前に一度バッテリーチェックしてみてください

dsc00398

アルファ156 ドライブシャフトブーツ交換&シート交換

昨日のアルファ156の作業の続きですよ。

今日はドライブシャフトブーツの交換です。

インナー側。アウター側ともに交換していきます

アルファロメオのドライブシャフトブーツ交換は非常に面倒なんですよ。

dsc00344

純正だとシャフトごとの交換でかなり高額になってしまうのですが、幸いに社外パーツが出ていますので社外パーツを使いやすく仕上げます。

社外と言っても一応マイレ製なのでアジア製品と違い安心です。

こちらの作業も手慣れたものですがグリスでベトベトになるのだけが嫌なんですよね。

ドライブシャフトブーツ交換が終わったところでタイヤ等を付けリフトからだしシートの載せ替え作業に移ります。

アルファ156 タイベル交換&サーモスタット・O2センサー交換

浜松市にお住いのT様のアルファ156の入庫です

 

今回はタイミングベルト・ウォーターポンプ交換、ドライブシャフトブーツ交換、シート載せ替えなどなど盛りだくさんの依頼です。

まずはタイベル交換・ウォーターポンプ交換などから作業していきます。

dsc00338

いつもの作業なので淡々と進めていきます

もう何台も熟しているので本当に自分で言うのもおかしいですが要領よくやってしまいます。

dsc00340

SSTも完備しているので安心して作業していきます。

今回はスパークプラグやダイレクトイグニッションも新品に交換するので余計に作業がしやすいですね。

dsc00341

前回のタイベル交換時にタペットカバーパッキンを交換していないせいかオイル漏れが酷いです。

カムのオイルシールからでなければいいのですが。

洗浄して綺麗にしておきます。

dsc00342

新しいベルトを組みつけるとこんな感じです。

やっぱり新しいベルトは綺麗でいいですね。

とりあえずタイベル・ウォーターポンプ、プラグやダイレクトイグニッションなどのエンジン関係の作業をすすめ

次はサーモスタット、エアフロセンサー、エアエレメントの交換。

ここまで交換するとホントにすごいですね。

作業のやりがいがありますよ。

O2センサーも4個ともに新品に交換したところで本日の作業は終了です。

明日はドライブシャフトブーツ交換・シートの載せ替えが待っています。

アルファ147 車検整備

大垣市のH様のアルファロメオ147 車検にて入庫いただきました。

走行は96000km、入庫時の依頼は助手席のパワーウィンド不良とエンジンオイル交換
早速整備に取り掛かるとフロントのブレーキパッドが残り2mmくらいしかありません。
もう少し車検の入庫が遅かったら大変なことになっていたところでした。
ギリギリセーフです。ローター等もダメージはありません。

次は電気廻りのチェック
アルファロメオで多いのはウィンカー球のオレンジ色の剥がれ。
ウィンカーは橙色で点灯と決められています。
しかし球の発熱等でオレンジのコーティングが剥がれ普通の白色に点灯している車両が多々あります。
これ車検通りません。
dsc00256
この車両もフロントのウィンカー球が左右ともにダメです。

フロントのフォグランプ球も左が消えかかっています。右は消えてます。
これもただの球切れと思わないでください。
輸入車でヘッドライト内の配線が熱で溶けてショートしているものや、断線しているものがあります。
今回もヘッドライトを外すと案の定、配線がボロボロになっています。
これも配線を取直し修理しなければ車検通りません。

dsc00261dsc00259

助手席のパワーウィンドもガラスとレギュレーターを固定し動かす部分のプラスチックが砕けています。
これも多いトラブルです
レギューレーター交換が必要です。
輸入車はこういった修理が多いので、できればこまめに点検することをお勧めします
それにより修理を分散することができ出費が重なることもなくなりますから。

FIAT ニューパンダ タイベル交換&ウォーターポンプ

神戸市からお越しのO様のニューパンダ

最近なぜかニューパンダ祭りです
よく入庫してきますね。
今回はタイベル交換とウォーターポンプ交換
パーツはネットでご購入されたそうです。

ニューパンダはフィアット系の中でも作業がかなりしやすいので助かります。
いつのようにテキパキと作業を進めていくのです

dsc00127dsc00131

ニューパンダのウォーターポンプはガスケットがありません
液体ガスケットを使用しています
前回交換されたところがコッテリと液体ガスケットを塗ったせいでしょうか。
ウォーターポンプが外れません。
ガッチリくっ付いていますよ。
時間をかけて少しづつ引きはがします。

ウォーターポンプさえ外れてしまえば後の作業は簡単です。
元通りベルトを交換し、テンションをかけベルトを張ります。

組み付け完了後、LLCを補充しエア抜きをして作業完了

VWニュービートル ナビ取付

大垣市のN様のニュービートルカブリオレです

ナビの取付で入庫です

今まではVW純正のDVDナビを装着していたのですが、いまどきDVDナビなんて・・・・

ってことでナビの載せ替えです。

とはいっても新品に載せ替えではありません

普通に中古のHDDナビを持ってみえました。

このHDDナビもそこそこ古い代物。

配線が太いし、多いです。

いまどきのナビは配線も少ないし、細いです。

よって作業困難です。

ニュービートルはオーディオ裏にスペースが広くないので配線の取り回しをしっかりしないと納まりません。

センターパネルを外し、配線を綺麗に束ね、配線が通るところを確保しながら作業を進めます。

蒸し暑い中ホントに疲れる作業ですよ。

dsc00126

作業しているさなかにオーナー様から連絡が入りインテリアパーツをついでにボディ同色にしたいとのこと。

ふむふむ、ビートルも年数がたってくると樹脂類がベタベタして手についたりします。

これが非常に気分が悪いのです。

ということでナビ取付ましたがパネル類が取り付けられないので、とりあえず今日の作業はここでストップです。

dsc00207

 

アルファGT マフラー中間パイプ交換

三重県のM様のアルファGTの入庫です
マフラーの中間パイプの腐食により穴が開き、排気音がうるさくなったということです
パーツはご自身でネットにて中古をご購入され持込みでの作業になります。

これだけ穴が開いているとかなり騒音が酷かったと思いますね。

dsc00121

中古のパーツの取付です。
念のためにマフラーの防錆用の塗装を施してからの装着。
排気音がかなり静かになりました。

dsc00107

これからも何かあれば声をおかけください
持込み修理も大歓迎です。

dsc00108

FIAT ニューパンダ スロットルボディ交換

大垣市のO様のニューパンダの入庫です
スロットルが反応しないということです。

テスター診断すると確かにスロットルの異常コードを拾っています。
実車もスロットル反応なし、よくこの状態でここまで来ましたね!って感心してしまいます。

とりあえず持ち込んできたスロットルボディに交換します。
作業自体は簡単です。
テスターにてキャリブレーションしてエンジン始動です。
が。しかし、、、、状況変わりません。

スロットルボディの異常コードは拾っているがスロットルではないということですね。
他社にて診断を受けたということで、その時にスロットルと言われたそうです。
異常コードだけで判断するの危険ですよ。
おそらくCPUがダメなのでは?
ニューパンダでちょこちょことある事例です。
とりあえずおクルマ預かりで調べることになりました。

dsc00094dsc00096

みなさんも気を付けてくださいね。
診断コードだけがすべてではありません。
総合的に判断しなければいけませんよ。

FIAT パンダ ドラブレコーダー&ETC取付

dsc00103この度新車をご購入いただいた稲沢市のM様のパンダ

納車前のオプション取付です

最近は定番になりつつあるドライブレコーダー

実際に事故時の証拠として有効利用されていますし、理不尽な悪質な当て逃げや、相手の注意不測の事故による過失の証拠にもなります。

金額もそれほど高くもないので是非取付をおススメしています。

今回もそんなことで新車ということもありドライブレコーダーの取りつけをいたします。

dsc00102

今回取り付けたのはドライブマンS-GP-1シンプルセット

2K高画質でセキュリティ機能つき長時間駐車監視対応です。

どこで何あるかわかりません

自分の身は自分で守らないといけない時代なんですね。

快適なパンダライフをお過ごしください。

 

Load more