アルファロメオ147 セレシステム修理

 

みよし市からお越しの某自動車販売店さんの依頼の147の入庫です

セレシステムの異常が発生したので見て欲しいとのことです。
拝見すると今回もギヤ抜け、およびギヤ入らずですね。
毎回毎回のことでさっそく修理に取り掛かります。

アキュムレーター交換と、アクチュエーターのオーバーホールです

このアキュムレーターがしっかりついていて毎回取り外すのに苦労します
普通のスパナが入るほどの隙間がなく、超薄口のスパナで作業するのですが薄口なので力が入りません

アクチュエーターのオーバーホールも慣れたもの
分解して綺麗にし、ちょっと細工を施して組み付けしていきます。

アルファロメオのセレシステムをお乗りの方 セレのオイルが減る、警告灯が付くなどありましたら
大事になる前に早めの修理をお勧めします。

BMW Z4 ブレーキパッド&ローター交換

瑞穂市のY様のBMW Z4の入庫

フロントのブレーキパッド&ローターの交換をしてほしいとのことです

部品はオーナー様が自らの持込み作業です。

早速作業開始、タイヤを外しパッドを確認するとかなりヤバい状態

あと1日お越しになるのが遅ければ危険なことになりかねない感じでした

外したパッドがこんな状態です

当然センサーも削ってしまいダメになっています

センサーも新品でお持ちになっていただいているので交換

綺麗になったブレーキ廻り 新しいローターにパッドなので当たりが付くまではブレーキが緩く感じるかもしれないですね。

ちょっと試運転し違和感がないことを確認し納車となりました。

VWポロ クランク角センサー交換

大垣市のS様のVWポロの入庫

エンジンがたまに始動しないときがあるそうでしばらくクランキングしているとかかるとのこと

しかも症状が出るのが数回に1回あるかないかの状態だそうです

テスターにて診断しても何もフォルトは拾っていません

センサー類ではないのかも?と試しに燃料ポンプリレーを交換し、しばらくお借りしてテスト走行しましたが症状が出ません。

そこでオーナー様に状況を説明し、オーナー様自身でしばらく乗っていただくことにしました。

しばらくして連絡があり、やはり症状が出るということでした。

いつもどのようなときに症状が出るのか問診していくと

家を出るときはいつもスムーズにエンジン始動するようで、お出かけし戻ってくるとかからないことがあるのだそう。

エンジンが始動できない理由は様々ありますが燃料系統ではないとこは確認できました

そうなるとあとは点火系統だ。

ピットに入れようとエンジンを始動しようとした時出ました!エンジン始動できません

チャンスです。

急いで点火系を調べると火花が飛んでいない

もう一度エンジンを始動するとエンジンがかかります

怪しいのはクランク角センサー。これがダメだと当然エンジンは始動しない

おそらく完全にダメになる前の状態で夏などによりセンサーの内部の接点等がおかしくなっているのではないか。

ということでクランク角センサーを交換することに

これがまた作業しにくい場所についています

スターターをずらして狭い場所で無理くり手をねじ込んで作業します。

交換後試運転しますが症状はでないのでオーナー様にお返しいたしました。

 

アルファロメオ159 タイミングチェーン交換

大垣市のN様のアルファロメオ159の入庫

エンジン不動とのことで入庫してきました

しかしエンジン始動します。が、始動時に金属がぶつかるような嫌な音がします

しばらくアイドリングしているとエンジンストール、その後再始動せず、1時間後に再始動するとエンジン始動します。

このときアクセルを踏んでも反応なしでレーシングできません

これは間違いなくタイミングチェーンの伸びによるズレ等が生じている可能性大です。

面倒な作業ですがさっそくタイミングチェーンの確認をします。

タイミングチェーンカバーを取り外すとこんな感じです

チェーンがビローンと弛んでいますね。これではダメです

さらにバラしていくと

カバーの中からバラバラになったプラスチック片が出てきました

チェーンの弛みにより振れが大きくなったチェーンがガイドやその他の物に当たり破損させたのでしょうね。

ともかくタイミングチェーンを取り外しにかかります

取り外したタイミングチェーンがこれです

上側が古いタイミングチェーン、下側が新品のチェーン

あきらかに長さが違いますよね

チェーンのくせにこれだけ伸びてるんですよ

約8mmくらいかな?伸びてます。

チェーンと一緒にバリエータ―も交換しておきます

どうせここまで外したのですからついでです。

しかしチェーンで交換必要ならベルトで良かったんじゃないかと

チェーンのほうが部品代高いし、作業がしにくい

どうせ交換しなくてはいけないなら、タイミングベルト方が全然良いのにとブツブツいいなfがら作業を続けます。

新しいタイミングチェーンを取付し綺麗になりました。

アルファのタイミングチェーンでお困りの方

ディーラーさんにて高額見積もり出された方一度ご相談ください

少しはお力になれると思います。

 

アルファロメオ156 フューエルポンプ不良

名古屋市のS様のアルファロメオ156の入庫です

ご自宅にてエンジン始動不良になったとのことでレッカー搬送されてきました。

入庫後クランキングしてみますが、なるほどかかりません。

テスター診断してみますが特にフォルトは拾っていませんので燃料ポンプが作動しているか確認すると

燃料ポンプの作動音が聞こえません。

燃料ポンプが確認できるようにリアシート廻りを取り外し、燃料ポンプに電気が来ているか確認すると電圧はかかっているので電気は来ているようです。

燃料ポンプを取外し、ポンプに直電流を与えてみても燃料ポンプは作動しません

燃料ポンプモーターが逝っちゃってる感じですね。

燃料ポンプ交換後、エンジン始動!

一発でかかります。

気持ちいい瞬間ですね。

アイドリング状態でしばらくエンジンが停止しないか確認

燃料ポンプリレーも念のために交換し作業は終了です。

VWゴルフⅤ 車検整備

大垣市のH様のゴルフⅤの入庫です
今回は車検のご依頼をいただきました。

平成19年式で走行89000kmという車両です。
ブレーキ廻り、エンジン等特に不具合を感じる所はないとのことでした。

ピットに入れる前に軽く試運転。
違和感や不具合がないか走行しながら確認します。

次に下回りの点検
クルマを実際に下から確認します。
ボルト・ナットに緩みがないか、ブーツ類に破れ、切れなどがないかをチェック。
今回はオーナー様よりオイル交換等のご要望も頂いていますので、まずはオイル交換です。
そして右のドライブシャフトブーツが破損していますのでこのままでは車検は通らないのでドライブシャフトブーツの交換をします。

ゴルフのドライブシャフトブーツの交換は意外とやりやすく助かります。

最後に再び試運転
異常がないことを確認し作業終了です

 

アルファロメオ ブレラ ブレーキパッド交換

名古屋市のM様のアルファロメオ ブレラの入庫です。
ご依頼事項はブレーキパッド交換とWAKO’SのRECSの施工
走行が13万キロとかなり乗っているおクルマ
ブレーキパッドがフロント・リヤともにすり減っていて危ない状態です。
まずはブレーキ関係から作業を行います

ブレラのV6 3.2なのでパッドもちょっと高額
オーナー様と相談して今回はダストの少ないパッドよりも、コスト重視でということだったので普通のパッドを使います。
本当だと距離的にはローターも交換してほしいのですが、こちらもコスト重視ということで今回は見送り

ブレーキ廻りが終わると次はRECSを施工します
3.2Lの車両なのでいつもの2.0よりも時間がかかります。
いままであまりメンテしてこなかったということでカーボンの燃えカスがモクモクと出てきます
かなり汚れていたのでしょう。

すべて完了後試運転します
ブレーキが新しくなったので当たりが付くまでちょっと制動力が遅いです
RECSの効果かエンジンが軽くなりました
吹けがいいですね。加速もいい感じです。
オーナー様に納車後、早速エンジンが変わったという喜びのご報告をいただきました

 

アルファ156 車検整備

瑞穂市のS様のアルファロメオ156の入庫です
今回は車検整備とWAKO’SのRECSの施工をご依頼いただきました。

走行7万キロと年式の割には走行が少ない綺麗なお車です。
電話にてエンジン不調のご相談をいただきDにて色々やってみたが1週間くらいでエンジン不調を再発するということでした。

そこでWAKO’SのRECSをおススメしてみました。
オーナー様もネットで拝見していただいたようで価格的にもリーズナブルなので是非RECSをやってみたいということでした。

車検時期も近かったので一緒に車検整備のご依頼もいただき、まずは車検整備から行っていきます。

気になってのはF.ブレーキパッドが少ないこと、右のハブベアリングからの異音です。
パッドはオーナー様も気づいており交換です。
ハブベアリングはオーナー様は気づいておらず、アルファロメオはこういうものだと思っていたようです。
走行中にゴーっと嫌な音がしていますがロードノイズだと思って見えたようです。
ハブのベアリングも許可をいただき交換することにします。

最後にWAKO’SのRECSを行います。
時間がかかるので整備中にはできないのでいつもRECSは一番最後です。
液剤を入れアイドリング開始
しばらくはこのまま放置ですね。

しばらくした後に軽くレーシングします
するとモクモクと白煙が出ますね。これが蓄積したカーボンの燃えカスです。
これを繰り返しRECS完了後試運転して完了です。

異音もなくなり静かな車になりました
走りもスムーズになりエンジンが軽く吹け上がります。
まだまだ乗れる良いクルマです

アルファGT 定期点検

垂井町のF様のアルファGTの入庫です。

今回は12か月点検ですね。

いつもちゃんと点検を受けていただいていますので今まで大きなトラブルはありません

未然にトラブルを防ぐには定期的な整備は必須ですね

今回も点検の際にWAKO’SのRECSを施工します。

RECSも定期的に行うことによりJTS特有のエンジン不調や異常コードの点灯を防いでくれます。

あとは左のサイドマーカーレンズが経年劣化でプラスチックが割れ外れてしまっているので新品に交換

イタリア車はこうしたプラスチック製品弱いですね。

あっあとゴム製品もダメですね。劣化が早いです。

作業完了後テスターにてキャリブレーション等を行って完了です

最後に試運転し異常がないことを確認して納車となります。

アルファ159 車検整備

大垣市のH様のアルファロメオ159の入庫です

今回は車検整備等ですね。

走行が12万キロを超えている過走行車です

いたるところが劣化が来るころですね。

こまめに整備をしていただいているのでまとめて車検で大きな出費は抑えられますよね。

dsc00585

今回の整備では以前から交換をするといわれていたF.ブレーキパッド

使用するのはシュトルツさんのブレーキパッドです

ダストが出にくく色がきれいです

dsc00589dsc00588

事前にオーダーしておいたので部品待ちなしです。

次に気になったのは左Fのハブベアリングの異音

走行中グォングォンとうるさく音が出ています。

以前右側のベアリングを交換しているので、おそらく左も経年劣化でダメになったのでしょうね。

オーナー様に連絡し状況を説明したところ、オーナー様もお気づきになっていたようで交換することになりました。

dsc00590

取り外したハブベアリングを手で回してみると古いほうはゴロゴロと音が出ています

これだけ音が出てればうるさいはずですよ。

dsc00591

159は156などと違いハブベアリングの交換が作業しやすいです。

固定するボルトも156に比べると取り外しやすいように改良してあるのでありがたいですよ。

156などはナックルアームも外さないとダメですからね。

一通り作業が完了し、試運転異常がないことを確認して車検整備は完了です。

Load more